記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
女性にとって、デリケートゾーンの黒ずみは悩みの一つですよね。実はデリケートゾーンの黒ずみは肌の性質上、日本人にとっては仕方がないことなのです。しかし可能であれば、黒ずみを消したい、また予防したいと思う女性は多いでしょう。
そこで今回は、デリケートゾーンの黒ずみの原因と、その予防策について医師に聞いてみました。

そもそも、黒ずみはなぜできる?

デリケートゾーンにできる黒ずみは、下着による摩擦や刺激、皮膚の乾燥が原因です。

肌は常に外部からの刺激から守ろうとする性質をもっています。そのため、何らかの刺激を皮膚が感じると、肌を保護するためにメラニン色素が活発に働きます。デリケートゾーンに存在するメラニン色素は、ほかの場所に比べより活発で、しかも色素沈着しやすいといえます。そのため下着による刺激を受けると常にメラニン色素が活発な状態になり、黒ずみを発生させてしまうのです。

しかし私たちの肌にはターンオーバーと呼ばれる再生力があり、約28日かけて新しい皮膚を作りだします。通常であれば、シミや黒ずみはこのターンオーバーによって、元の皮膚へ戻っていきます。加齢や乾燥、そしてホルモンバランスの乱れなどによってターンオーバーが阻害されると、シミや黒ずみが残ってしまう場合があります。

黒ずみを撃退する3つの方法

デリケートゾーンの黒ずみを軽減するには、刺激となる要因をできるだけ取り除き、外部からの刺激に対して保護できる肌環境を維持することが大切です。

1.下着による刺激を軽減する

Licensed by gettyimages ®

自分の下着が、皮膚の刺激になっている可能性があります。下着は化学繊維のナイロン製ではなく、肌に優しい綿100%オーガニックコットン、シルク素材が理想です。

2.肌環境を整える

Licensed by gettyimages ®

刺激に対して少しでも強い肌であることが大切です。
化粧水や保湿クリームなどで乾燥肌にならないようにすることで、皮膚のバリア機能が保持され、ターンオーバーによって肌は再生されます。専用のクリームや石鹸が販売されていますが、使用の際には十分気付けましょう。デリケートゾーンと呼ばれるだけあり、自分の肌に合わないこともあります。オススメはワセリンです。肌にも優しく、十分な保湿力があるだけでなく、リーズナブルなのも魅力ですね。

≪あなたの肌年齢…何歳?脱・カサカサ砂漠肌!≫
1分で簡単チェック【肌乾燥度】を診断してみる

3.食事

Licensed by gettyimages ®

食べ物で身体の中から肌に栄養を与えることも大切です。細胞を作るたんぱく質や保護する脂質、そしてビタミンをバランスよく摂取しましょう。

【医師からのアドバイス】

“色素沈着”と聞くと諦めてしまいがちですが、予防や対処法としてできることはたくさんあります。デリケートゾーンは見えないところであり、意識を向けにくい部分でもありますが、日頃からしっかりケアしていきたいですね。

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス