連日テレビやインターネット上の話題で、SNSのなりすましやアカウントの乗っ取り、ネット犯罪などが話題として取り上げられています。

私の知り合いも、LINEのアカウントが乗っ取られて再度登録をし直したり・・・

アカウントの乗っ取り対策で最も重要なのは、アカウント登録時に使うメールアドレスとパスワードの使い回しをしないこと。

使い回しをすると、仮に他社のサービスで情報が漏えいした場合、その情報であらゆるサービスにログインされる恐れがあります。

今回は、「LINEを乗っ取られないための4つの必須セキュリティ設定」を紹介。


1.安全なパスワードに設定し直しておく
2.ログイン許可をオフにする
3.安全なPINコードに再設定する
4.友達の追加機能をオフにする


1.安全なパスワードに設定し直しておく

LINEで使うパスワードは、何度も入力するものではないので出来るだけ複雑なものが望ましいです。

安全なパスワードの作り方

⑴ 他のサービスと同じパスワードは使わない。

⑵ 誕生日や名前、電話番号、など個人情報から認識されやすい文字などは避ける

⑶ メールアドレスやアカウント名と同じにしない

⑷ 8文字以上の英数字、記号を混ぜ合わせる

⑸ 一般的な単語ではなく意味が通らないような文字列にする


パスワードの再設定方法


⑴ LINEを起動する

⑵ 設定画面を表示

⑶ アカウントをタップ

⑷ メールアドレス変更 → パスワード変更

現在のメールアドレスとパスワードを入力後、新しいパスワードを入力すればOKです。

2.ログイン許可をオフにする

スマホ以外でLINEを使わない場合は、ログイン許可をオフにすることをオススメします。

そうすることで、パソコンやiPadなどを始めとする、スマホ以外の端末からのログインを防ぐことができます。


設定方法

⑴ LINEを起動する

⑵ 設定画面を表示

⑶ アカウントをタップ

⑷ ログイン許可をオフにする

3.安全なPINコードに再設定する

PINコードは、電話番号の違うスマホやiPadからログインする際、機種変更後の新機種でLINEにログインする際に必要な4桁の数字です。

もし仮に、メールアドレスとパスワードが流出しても、PINコードがあれば他のスマホからの不正ログインを防ぐことができます。

このPINコードも、単純な数字は避けて、規則性のないランダムな数字にしましょう。


PINコードの再設定方法

⑴ LINEを起動する

⑵ 設定画面を表示

⑶ PINコードをタップ

⑷ PINコードを変更をタップ

新しいPINコードを2回入力すればOKです。
※PINコードを万が一忘れてしまった場合でも、ログインが可能であれば再設定できます。

4.友達の追加機能をオフにする

友達の追加機能をオンにしたまま使用していると、知らないうちに自分のLINEに、友達に追加されることを防げます。

また、友達への追加を許可をオフにしておけば、勝手に友達に追加されることも無くなります。
もし、不正ログインが発生した時に影響を抑えることができます。


設定方法

⑴ LINEを起動する

⑵ 設定画面を表示

⑶ 友達をタップ

友達追加をオフにする。(自分のLINEへの追加)
ついでに、友達への追加を許可をオフにする。(相手のLINEへの追加)

◆万が一乗っ取られたら?!

万が一アカウントを乗っ取られたら、すぐにアカウント停止を行いましょう。

⑴ LINEを起動し、ログインできるかどうかを確認

⑵ ログインできた場合、メールアドレスとパスワード、PINコードを別のものに変更する
(※他のサービスで同じものを使っている場合は、そっちも変更する)

※ログインができない場合は、第3者にアカウント情報を変更されています。
この場合は、LINE問題報告フォームにアクセスして、自分のアカウントが盗まれたことを報告しましょう。

乗っ取られたアカウントだとわかると、アカウントを使えないように凍結されます。

※必ず、自分の友達に乗っ取られたことを知らせて、詐欺被害を最小限に抑えるようにしましょう。

◆もう一度LINEを再開するには?

乗っ取られたり、停止や削除されたアカウントは、今後使うことはできません。

LINEを引き続き利用する場合は、新しいアカウントを作成する必要があります。

この時に登録する「メールアドレス」「パスワード」「PINコード」は別のものにしておくことをお忘れなく。

もし、以前のアカウントでスタンプなど有料のサービスを購入している場合は、新しいアカウントに引き継げる場合があるので、問題報告フォームで相談してみてください。

以上、「LINEを乗っ取られないための4つの必須セキュリティ設定」&「乗っ取られた時の対象方法」でした。

自分の身は自分でしっかり守る時代です。

簡単に利用できるものほど、慎重に取り入れたいですね。

この記事を書いたユーザー

1banbo4 このユーザーの他の記事を見る

1981 年和歌⼭県田辺市に生まれる。

23 歳の時にパソコンスクール「 Pc house いちばん星」を起業。

開業後、スクールの運営をしながら、フリーのインストラクターとして、専⾨学校を始め各種講座を担当。

25 歳の時に独学でウェブの道へと進む。

現在では、ウェブクリエイターとして、クライアントのホームページをトータルプロデュースしている。

✳︎ブログ・サイト✳︎
・Pchouseいちばん星
http://pchouse-ichibanboshi.com

・和歌山発 エンタメプレゼン®マスタークラブ
https://1banbo4.themedia.jp

・あなたのための専門家、ホームページのお医者さん「いちばん星診療所」
http://1banbo4..com

・現役のWebクリエイター 浅山佳映子 が教えるこれが本当に使えるテクニック‼︎
http://ameblo.jp/1banbo4/

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス