この冬ほしいのはジムフレックスのボアベスト。

すっかり寒くなりました。今年流行はふわふわしたアイテム。その中でもジムフレックスのボアベストは売り切れるお店も出るほど男女ともに人気です。

ジムフレックス1936年英国・レスターで国軍向け体育ショーツを製造することからスタートしたメーカーです。1900年半ばには学校での体操着として販売を始め、イギリス中にGymphlexの商品が広がったのです。 英国ナショナル・ラグビーチームやチャールズ皇太子が所属していたポロクラブのユニフォームとして、また、ETONやHARROWといった名門プレップスクールの体操着としても採用されているほど非常にポピュラーなブランドとなっています。

出典 http://item.rakuten.co.jp

体操着として販売されたのが始まりなだけあって、ボアコートも軽くて暖かくてしかも動きやすいのが特徴です。

こだわりの縫製。

人気の秘密は、温かいだけじゃなく着心地に関してもこだわっているところです。ごわごわしすいボアコートですが、なるべくかさばらず、スマートに着られる工夫が細部にもあります。

ブランドマークのワンポイントが人気。

出典 http://item.rakuten.co.jp

ジムフレックスのブランドマークもコーデのワンポイントになります。

ファスナーで着脱が楽。

出典 http://item.rakuten.co.jp

こちらは、ファスナーになっているので気脱ぎも楽です。ボタンのタイプのものもあります。いろいろな着こなしができるのも魅力。

フードは小さく。

出典 http://item.rakuten.co.jp

ジムフレックスのボアベストの人気の秘密は、フードが小さいことでもあります。よって、かさばらずスマートに着こなすことができます。

ポケットも小さく。

出典 http://item.rakuten.co.jp

小さめなので飾りポケットのようですが、手をいれるとボアなのでとてもあたたかいです。

裾にもこだわりが。

出典 http://item.rakuten.co.jp

裾の部分は、生地感を変えてより体にフィットする作りになっています。スタイルもよく見え、中の空気ものがさずあたたかさを持続できます。

ボアベストみんなのコーデ。

なかなか着こなすのが難しいと思われがちなボアコートですが、インスタグラムではたくさんのおしゃれさんがコーデを載せていますので参考にしてみてください。

あたたかオレンジ色でコーデのポイントに。

ボーダーにあわせて、冬マリン。

こちらは別のブランドのボアベスト。裾がトリコロールカラーのようで素敵。

カーデニングコーデも軽くてあたたかいから実用的。

チェックのシャツの上に。男性にもジムフレックスは人気です。

チェックシャツとロゴマークの赤をあわせて。

こちらは授乳服コーデだそうです。ママのみなさんもあたたかく。赤ちゃんを抱っこしてもボアコートはふわふわだからいいですよね。

大人女子の辛口デニムコーデのポイントにも。

ボーダーのワンピの上に重ねるとスタイルアップにも。

チュールスカートとあわせればメンズライクに。

寒い日もボアベストならかさばりません。

ショート丈のボアベストとハットの色をあわせれば、足長効果絶大です。

迷彩スカートと。

全身ホワイトコーデの差し色としても。

シャツワンピの上に羽織るとストールみたいで可愛い。

ニット帽とあわせたあったかコーデ。

こちらはくるみボタンタイプ。首元までふわふわであったかいです。フープピアスとあわせると素敵な大人女子の着こなしですね。

デニムにも相性抜群です。

寒い朝や犬の散歩などにも、ちょっと羽織れるのも便利。

こちらの記事もおすすめ

この記事を書いたユーザー

琴乃。 このユーザーの他の記事を見る

フリーライター琴乃。でございます。韓国サイトのカラコンモデルなどもしておりました。趣味は、フィットネス、ダンス、読書、心理学が好き。霊感あるのが自慢。ブログもぜひ♡ http://ameblo.jp/yoruasa/

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス