いつもの食卓で少しだけ余ったお惣菜。ちょっと飽きてそのまま食べるのはなぁと悩んでいる時にオススメなアレンジレシピをご紹介します。


オシャレ惣菜の定番「キッシュ」にアレンジしちゃいましょう!しかも今回はダイエット中に食べても罪悪感無しの豆腐キッシュです。

【卵・乳製品・動物性食品不使】で作るキッシュは、とっても優しい味わいにハマること間違いなしですよ!

きんぴられんこんの豆腐キッシュ

出典筆者撮影

1 キッシュ生地を作る。

出典筆者撮影

【材料(18㎝タルト型)】
小麦粉      1カップ(200ml)
オリーブオイル  大さじ2と1/2
ぬるま湯     大さじ3
塩        ひとつまみ

【作り方】

1 ボールに生地の材料を全て入れる。 手の指を下にして一気に混ぜる。

2 ある程度まとまったら、こねて一塊にする。 打ち粉をして生地を型よりも大きく棒で伸ばして広げる。

3 型にはめ、棒を転がすと無駄な生地が取れ作りやすい。

4 底にフォークで空気穴を数か所あける。

5 オーブン(またはトースター)で200℃で10~12分生地を焼く。

2 豆腐クリームを作る。

出典筆者撮影

【材料(作りやすい量)】
木綿豆腐  1丁(350g)
味噌    大さじ1
酢     大さじ1/2


1 【豆腐を水切りする。】

木綿豆腐は耐熱皿に置き、レンジ600Wで2分加熱。 取り出して重石をのせて(お皿でOK)、約40分ほど置く。※途中お水がたっぷり出るので、数回お水を捨てて下さい。

2 ペーパーで①の表面の水気を拭き、ちぎりながらミキサーに入れる。 味噌・酢と一緒に滑らかになるまで撹拌する。

3 きんぴられんこんを作る。

蓮根は皮を剥き縦4等分し、2㎜幅ほどの薄切りにする。

オリーブオイルをひいたフライパンを温め、蓮根が透き通るまで炒める。

③にAを入れて、煽るように絡めて水分を飛ばす。ごまをふって、きんぴら蓮根のできあがり。

4 生地に具材とクリームを入れる。

焼き上がった生地にきんぴらを入れ、ならすように豆腐クリームを敷き詰める。
上に少しきんぴらを並べ、ごまをふる。

5 豆腐キッシュを焼く。

180度のオーブンで35分加熱する。

最初の20分はアルミホイルをかぶせ、15分はアルミホイルを取って焼く。

出典筆者撮影

常備菜の定番ひじき煮のキッシュ

出典筆者撮影

使用するお惣菜は、余っているきんぴらや煮物でOK!ひじき煮のひじキッシュも栄養価が高くてオススメです。豆腐クリームが味噌味なので、和食のお惣菜とベストマッチです。

いつものお惣菜を素敵にアレンジ!ダイエットにも役立つので是非お試しくださいね。

この記事を書いたユーザー

紀子 このユーザーの他の記事を見る

JSA認定ワインエキスパート
少人数制ワインサロン主宰
ワインライフを豊かにするコツをブログとサロンで発信中。
ワインタイプ別(スパークリング・白・ロゼ・赤)におつまみを創作しブログに綴っています。
ブログ:http://ameblo.jp/norikostyle2/

得意ジャンル
  • グルメ
  • 料理
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら