三谷幸喜と爆笑問題・太田光の意外な関係

お笑い芸人として数々の番組を持ち活躍している爆笑問題の太田光さん。そして、脚本家、演出家、そして映画監督としてユニークな作品が毎回話題になる三谷幸喜さん。

全く結びつかない気がする2人ですが、実は意外な共通点があったんです。

太田光

Licensed by gettyimages ®

大学で相方の田中裕二と知り合い、「爆笑問題」を結成。ボケ役。ブラックユーモアを好み、様々な不祥事にも積極的に触れ、出演者・視聴者等をひやひやさせることが多い。 空気を読まないことが面白いのと思っている節があり、相方の田中にも指摘されているが本人は反省していないようだ。

出典 http://dic.nicovideo.jp

三谷幸喜

出典 http://www.oricon.co.jp

幼少期から劇の台本を書くなどの芝居好きで、大学時代に劇団「東京サンシャインボーイズ」を結成・自らの劇団で俳優業と並行しながら、舞台のシナリオライターやテレビ番組の構成作家として注目を集めていく。

出典 http://dic.nicovideo.jp

人気お笑い芸人の太田光さんと、幅広く活躍している脚本家の三谷幸喜さん。この2人、実は同じ日大芸術学部演劇学科の出身だったんです。太田さんにはあまり演劇のイメージはありませんが、芝居をやりたいという気持ちがあって入学したようですよ。

太田さんは三谷さんに対して複雑な思いがあるそう…

実は三谷と爆笑問題とは大学の先輩後輩という関係。
 
番組冒頭、太田は「色々私には三谷さんに対して複雑な思いがあるんですよ」と切り出すと、阿川や田中が「古畑任三郎」について語るのを静かに聞いた後、その愛憎入り混じった感情を吐露し始める。

出典 http://littleboy.hatenablog.com

爆笑問題が司会を務めていた情報番組『スタ☆メン』に、映画の宣伝のために三谷さんがゲストに訪れたときのことでした。久しぶりに再会した太田さんは、なにやら三谷さんに言いたいことがあるようです。

三谷さんは在学中からみんなに認められて人気者だった

在学中に劇団『東京サンシャインボーイズ』を立ち上げ、脚本家・演出家・役者として活躍する「三谷幸喜」を知らないものはいなかった

出典 http://redstarsclub.a-ru.main.jp

三谷さんは学生の頃から、すごい人気者だった。日本大学のヒーローだった

出典 https://ja.wikipedia.org

太田さんが1年生の時に4年生だった三谷さんは、学園内ではすでに有名な存在だったそうです。太田さんは三谷さんのその人気ぶりが羨ましかったみたいですね。

一方、太田さんは、悪口ばかり言って嫌われていた

僕なんかは捻くれているから当時から人の悪口ばっかりいって学校に嫌われて、友達にも嫌われてっていうなかで(その頃は)芝居をやりたかったんだけど、要するに、何をやっていいのかわからないってい、悶々とした状態、あるじゃないですか。

ところが、三谷さんは常にトップにいたんですよ。日芸のヒーローだったんですよ!

出典 http://blog.livedoor.jp

学生時代の太田さんはというと、悪口などを散々言っていたため、嫌われ者だったと自覚していたようです。そんなときにトップであり続ける三谷さんに、憧れとは裏腹に嫉妬心を抱くようになりました。

ずっと嫉妬していた太田さん

太田さんの同級生も「東京サンシャインボーイズ」に所属していました。その人たちが「今度芝居を見にきてくれよ!」とチケットを持ってきてくれますが、太田さんは断ってしまいます。

こっちはもうひねくれてるから、「いかない!」ウケてんのはわかってんの、見てないけど、面白いのは分かってるの。

だけど、そんなもんみるか!と。見る必要ねえじゃねえか、と。お前らのやってることなんてクソなんだ、と散々いってたわけ。なーにが三谷幸喜だ、バカヤロウ!っていってたわけですよ。
 
行かなかったのはもし行って面白かったら、もう俺生きていけないんじゃないかと(思ったから)。だから三谷さんは常に僕にとってそういう存在なんですよ。

出典 http://littleboy.hatenablog.com

太田さんは“どうやって芝居をやればいいのか”という葛藤と戦っていたからかもしれませんね。そして、役者の道へ進むことを諦めたようです。

太田さんが演技を諦めた理由

三谷幸喜なんてどうせそのうちダメになるんだ、って散々言ってたんですよ、面白いのは分かってたけど。見てくれって言われてたけど、絶対見ないって言ってたわけ。それがこういう仕事し始めて、僕は三谷さんのおかげで演劇を諦めたんですよ。

出典 http://blog.livedoor.jp

太田さんのひねくれた性格のおかげで(?)演劇の世界をあきらめることとなりました。でも同じ学園内に三谷さんがいなかったら、もしかしたら太田さんは俳優になっていたかもしれませんし、爆笑問題は誕生していなかったかもしれませんね。

学生時代から20年経ちましたが…

映画「有頂天ホテル」を見た太田さんは、学生時代の思いが蘇ってきたそうです。20年経っても三谷さんとの差が縮まらないということに、再びジェラシーが湧き上がってきました。太田さんから見ても、三谷さんは雲の上の人なのかもしれませんね。

これって20年たって俺のやってることちっとも変わってねーじゃねえか、と。学生時代と、結局三谷幸喜と俺の関係って、ここまで経ってもかわんねえんだって思ったとき、愕然としたんだよね……。』

出典 http://littleboy.hatenablog.com

今となってはそれぞれの分野で活躍している2人ですが、実はこんな共通点があったなんて驚きです!

この運命の出会いが、もしかしたら太田さんの原動力になっているのかもしれませんね。

この記事を書いたユーザー

白うさぎ このユーザーの他の記事を見る

芸能ニュース、芸能ゴシップ好きの33歳女性。ブログをお休みして、最近はSpotlightでの執筆にハマる日々です。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス