記事提供:秒刊SUNDAY

ダイオウイカっつっても、どうせ名前が「大王」だけであって、他のイカよりちょっとおおきいだけだろう?なんて思っている方は多いはず。

我々が期待するダイオウイカは3メートル、5メートルの世界ではない。10メートルを超えるとんでもない巨大なまるでSFのようなモンスターだ!ということでいました。

さてこちらが今回発見された巨大イカです。長さはなんと10メートルを超えます。体重は150キロを超えるというから、もうイカのレベルじゃございません。

これはスペインの漁師が捉えたということで、現在話題となっております。人間と比べるとそのサイズの違いがわかるはずですが、本当に大きい。

漁師によると「巨大イカを捕獲するために一生を費やしてきた」と熱いコメントを寄せているという。ちなみにこのイカは食べられることなく、冷凍保存され海洋研究所におくられるとのこと。

日本でもダイオウイカが度々目撃されておりますが、このサイズはなかなかいないのではなかろうか。今まで「クラーケン」のようなモンスターが伝説として残っておりましたが、ついにその正体が徐々に暴かれているのです。

出典:Mirror

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス