ダイヤモンドが戦争の原因に!?

“紛争ダイヤモンド”とは、主にアフリカなどのダイヤモンド原産国で違法に産出されるダイヤモンドのこと。この“紛争ダイヤモンド”は、密輸業者によって合法的なマーケットに紛れ込み、武装集団の武器や弾薬の資金源になっているのです。

「blood diamond(ブラッドダイヤモンド)」とも呼ばれ、レオナルド・ディカプリオ主演で映画化されるほどの大きな国際問題です。

“紛争ダイヤモンド”は「遠い国のお話」ではありません。もしかすると自分の持っているジュエリーにも、その“紛争ダイヤモンド”が使われているかもしれないからです。

“紛争ダイヤモンド”から“フェアトレードダイヤモンド”へ

広がり続ける“紛争ダイヤモンド”を規制するため、2003年以来、各国政府・国際ダイヤモンド業界・NGO団体が結託し、違法ダイヤモンドの取引を封じ込めようとする「キンバリープロミス」を策定しました。

キンバリー・プロセスの名前は、この制度を立ち上げようと2000年に話し合いが開始された南アフリカの町に由来します。
ここもまた1870年代にダイヤモンドが発見されてから爆発的に開拓された場所です。
キンバリーでの会合の結果を受けて、国連がダイヤモンド原石の国際的証明書制度の設立を支持する決議を採択し、2002年11月にはすべてのダイヤモンド原石の輸出入を管理し、生産と貿易に厳しい規制を導入することによって、紛争ダイヤモンドを合法的ダイヤモンド市場から閉め出す制度を立ち上げることが合意されました。

出典 http://www.nihongo.com

今注目されている“エシカル”という考え方

「エコ」や「オーガニック」、「フェアトレード」という言葉とともに、最近よく耳にするようになってきた“エシカル”という言葉。

「エシカル・ファッション」とは、環境に負担をかけないオーガニック素材や自然素材、リサイクル素材などを使用し、正しい労働条件で公正な賃金のフェアトレードであり、地域の伝統技術・製法を継承しながらクリエイトされる、良心を大事にしたファッションのことを云います。

そんなエシカルという概念は、ファッションに限らず、美容・食事・建築・教育・街づくりなど様々な分野にもあてはまります。
いろんなところでエシカルという言葉が聞こえ始めました。エシカルは、地球・自然・環境との調和・融合・共生という、生き方・暮らし方全般を対象とする価値観であり、美意識です。自分の心や身体によい生活をするロハスや、人間中心の環境保全のエコからさらに踏み込んで、自分優先でなく、自分以外の他人や自然や生きものなどを思いやり、支え合い、つながっているという自然の摂理を尊重するライフスタイルです。

出典 http://ethical-penelope.jp

貧困・紛争・災害などを他人事としてではなく、ファッションを通じて解決の一端になろうという考え方です。

近年、世界中でこの考え方を実践するエシカルブランドが次々と立ち上げられ、ハリウッドスターなどの著名人もキャンペーンに参加するなど意欲的に活動しています。

日本でも買える"エシカルジュエリー”

HASUNA

出典 http://www.hasuna.co.jp

2009年に設立された、日本初のエシカルジュエリーブランド。生産・流通過程を可視化し、児童労働や搾取をしないことに加え環境破壊をできる限り抑えた素材の使用を心がけている。

HASUNAの品質基準
HASUNAでは、素材そのもののクオリティはもちろんのこと、産地・採掘の工程の透明性なども大切な品質の一部と考えています。
2014年にはダイヤモンド、金、プラチナを取り扱う宝飾業界を対象とした、社会・環境責任の範囲における規範と規格を開発する国際的非営利組織RJC(※)の認証を受けました。
今後も責任あるジュエリー事業を推進し、美しく、真に価値あるジュエリーの提供に取り組んでまいります。
※Responsible Jewellery Council:責任あるジュエリー協議会

出典 http://www.hasuna.co.jp

出典 https://www.hasuna.co.jp

bijoux l'air リング
¥140,000(税抜き)

出典 https://www.hasuna.co.jp

bijoux l'unique リング
¥120,000(税抜き)

出典 https://www.hasuna.co.jp

Voyage objet d'art ネックレス
¥33,000(税抜き)

lily & co.

出典 http://www.lilycojewelry.com

サンフランシスコで活躍する日本人デザイナーによる、ハンドメイドジュエリーブランド。

取り扱うダイヤモンドや天然石は、すべて紛争ダイヤモンドを受け入れない団「UN Kimberley regulations」から仕入れている。

取り扱っている天然石は、宝石質のキラキラしたものから、インクルージョン(内包物)があるものまでさまざま、デザインに合わせて使用しております。
天然に由来する傷(クラック)、インクルージョン(内包物)などは、不良品扱いとはせず、石の持つオーガニックな雰囲気をそのまま活かして使用しております。

ダイヤモンドについて
UN Kimberley regulationsに認定されたダイヤのみを扱っております。ダイヤモンドが採れる地域は内争などがある貧しい地域が多いです。
ダイヤモンドは良い資金源になりますが、それを武器などの戦争に使う資金に当てたり、小さな子供を労働させたりという悲しい現状があります。
そういったダイヤモンドを受け入れないという団体です。
私たちはそれに共感して当初から全てその団体を通したダイヤ(Conflict Free)のみを仕入れています。

出典 http://www.lilycojewelry.com

出典 http://www.lilycojewelry.com

代表&デザイナーのミカケントさん。

ゆりの花から由来する“purity” そして“simple beauty”をコンセプトとしたハンドメイドジュエリーブランドlily & co.
流行にとらわれず自分だけのスタイルを楽しむ大人の女性のために作られるジュエリーはどんな時も身につける人の一部となるようにシンプル且つタイムレスなデザイン。
ミカケント。7年間東京青山でデザインを学ぶ。アメリカへ移住後、独学でジュエリーデザインを始め、2015年春ジュエリーブランドlily & co.を創立。
現在はサンフランシスコのスタジオでデザイン、製作を手がける。

出典 http://www.lilycojewelry.com

出典 https://www.iichi.com

Rain Drop Diamond Ring
¥233,280

出典 https://www.iichi.com

Green Shadow Baguette Diamond Ring
¥313,200

出典 https://www.iichi.com

A Moment’s Reflection Diamond Ring Oval
¥295,920

出典 https://www.iichi.com

Ice Tear Drop Diamond Necklace
¥226,800

できることから、はじめよう。

何億円も寄付できるセレブになるのはなかなか難しいけれど、普段の買い物で協力できることがあれば積極的に行っていきたいものですね。

“エシカル”…これからぜひとも覚えておきたいワードです。

この記事を書いたユーザー

ARASE このユーザーの他の記事を見る

「おもしろフィルター」を通して、あらゆる情報をおもしろく伝えられるよう善処します。記事、コラムなどの執筆のご依頼は→mapsincjapan@gmail.com

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス