記事提供:カラパイア

確かにこれなら大丈夫なような気もしなくもないが、逆に不安になってしまうのは私だけだろうか?

ロシアの集合住宅における地震対策用ベッドのコンセプトCG動画が公開されていたのだが、地震を感知するとベッドが自動的に変形しシェルターの役目を果たすというものだ。

まあとにかく見てほしい。

出典 YouTube

普通よりは大型なベッドである。

でもって地震がくるとベッドが可動しこうなる。

ベッドの中にはあらかじめ飲料水や衣料品、食料、ガスマスク、酸素ボンベなどが入っている。

部屋のスペースに合わせて一応様々なタイプのベッドがある。

でまあこうだ。

このシェルターの強度がどの程度のものかはわからないが、建物が崩壊するレベルの地震なら、中に閉じ込められていたほうが安全なのか?

いやまて、火災にも対応できるのか?というかベッドそのものが重くてアパートの床とか抜けちゃったりしない?

いろんな意味で突っ込みどころ満載なのだが、コンセプトとしては面白いのかもしれない。閉所恐怖症の人にとっては拷問グッズ以外の何物でもないかもしれないが。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス