記事提供:カラパイア

ロシア、シベリアにある極東サファリパークでは希少なアムールトラが飼育されている。ある日のこと餌として敷地内に1頭の黒ヤギが放置された。

ここでは週に2度ほど、生きたまま動物を放ち、捕食させることを習慣としている。

ウサギとヤギが大好物だというアムールトラ、このまま黒ヤギもおいしいごはんとなるかと思いきや…

なんだか大親友になっちゃって、仲良くお散歩したり、一緒に座ってくつろいだり、同じベッドで眠ったりしちゃったというから驚きだ。

出典 YouTube

最初黒ヤギを敷地内に入れたとき、通常ならば逃げ回るものの、この黒ヤギはまったく動じなかった。それどころかトラに向かって角で攻撃をしかけて追いまわしたという。

この行為で、トラも黒ヤギを餌として認識しなくなったのかもしれない。あるいはただの気まぐれだったのかもしれない。

この黒ヤギには、ロシアに古くからある児童書にでてくる勇敢な少年の名前、「ティムール」という名がつけられた。

大胆にもティムールは、敷地内に放たれてから4日目の夜、快適なトラの寝床を占拠してしまいそこで眠ったという。トラはそれを許容したかのように屋根の上にいたそうだ。

今のところトラはティムールを襲う様子はまったくない。今日も仲良くじゃれ合いながら敷地内を走り回ったり、一緒にくつろいでいるそうだ。

ティムールはアムールトラが行くところに必ずついていき、トラはそれを許す。

それどころか、ティムールが視界から消えると心配し、必死に彼を探そうとするという。

アムールトラはロシア極東などに生息するトラで、現存する8つのトラの亜種でも大型の体躯を持ち、ネコ科の中でも最大の亜種である。雄の個体では全長3m、350kgを超えた例も報告されている。

ティムールは現在、飼育員さんが干し草、小麦、飼料や水などを与えている。トラはティムールが餌を食べている無防備な間も襲うようすはなく、自分の餌が運ばれるとそれを食べるという。

この奇跡の関係がいつまで続くのかはわからない。餌として食べられようとも、このまま一緒にトラと暮らそうとも、ヤギはどちらの運命も受け入れるであろう。

出典 YouTube

出典:siberiantimes
出典:nbcnews
出典:metro
出典:rt

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス