“個性”ってなんだろう?

個性…Individuality…パーソナリティ…。

人と違うことをするのが個性なの?同じものは個性がないの?

個性って何?

そんな疑問に対して、Twitterに1つのツイートが投稿されました。

Twitterユーザーの「原田」さん(@harudajin)が投稿したツイートなのですが、小学校の先生に言われてよく覚えているという言葉を教えてくれています。

投稿から2日で2万RT(リツイート)されるくらい話題になっていますね。

「例えばこのクラスのみんなが『晴』という漢字を書いても線のとめかた払いかたは絶対に同じにはならない。それが個性です。みんなが『晴』と書く中で『雨』と書いて、僕はみんなと違うんだ!すごいだろう!!と言ってもそれは個性とは認められません」

出典 https://twitter.com

これが、「原田」さんの小学校の担任の先生のお話なんだそうです。

これには様々な意見が…

Licensed by gettyimages ®

肯定、否定、どっちでもない意見…

基本的には賛成っぽい人たち

「晴」を書きましょう!がテーマの場合は個性じゃないと。

ルールは守れと。

と、先生は言いたいのですかね?

「晴れ」と「雨」が入れ違いになっちゃってますが、基本的には先生の意見を肯定してるのかな?

「雨」も個性だ!

多少なら有りなのかな?

枠をぶち壊せと。

感性としては認められたいですよね。

どっちがどうとかじゃなくて…

たしかに誤用は避けたいところですね。

個性云々の前に、先生の話を聞けってことね(笑)

難しい…。

好き嫌いの問題ですね。

その先生が何を言いたかったのかは分かりませんが、感じ取ることは受け取り手次第だということですね。

賛否両論、あなたはどう思いますか?

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス