記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
テレビやインターネットには、いろんな健康法の情報があふれています。その中でに「カレーを食べるとうつ病の予防になる」という情報があるようです。これは本当なのでしょうか?

今回は、こういった食べ物の情報について、医師に話を聞いてきました。

「カレーを食べるとうつ病の予防になる」ってホント!?

カレーは食欲増進に効果的な各種スパイスが入っていて、ターメリックは健胃消化作用もあるといわれています。うつ病で食欲減退している場合は、スパイシーなカレーで栄養補給するのはよいでしょう。しかし、カレーがうつ病に効くとはいえないでしょう。

マスメディアの食べ物情報の信頼度

テレビや雑誌、インターネットなどで情報が氾濫しています。その中には正しいものもあれば誤った情報もあります。興味本位であったり、視聴率を稼ぐための一部の偏った、あるいは十分な調査に基づいていない「この病気にはこれを食べるといいでしょう」といったことを流すものもあります。

また同じ食べ物ばかり食べ続けると肥満や糖尿病になったりする可能性もありますし、当然栄養の偏りも生じます。さらに特定の食べ物は、持病があったり薬を飲んでいるかたには逆効果の可能性もあります。

すべての情報をそのまま真に受けることなく、情報を吟味し、活かしていくことを考えていかないといけません。情報はあくまで補助的な情報と捉えられバランスよく適度に食べるのが最もよいでしょう。

サプリメントの活用

サプリメントは「補うもの」という意味です。今、いろいろなサプリメントがはやっていますね。日常の食生活で十分とれないものを補うというもので、これをうまく活用することはよいことですが、逆効果になることもあります。例えば鉄分の過剰摂取は肝臓の疾患を起こすことさえあります。

サプリメントは医療用医薬品に比べて、リスクが少ないものが多いですが、自己判断で多くのサプリメントをとるのはおすすめできません。

【医師からのアドバイス】

ちなみに長寿に良いとされている食べ物で、科学的根拠のあるものは今のところないようです。唯一長寿につながったマウス研究では「粗食」のマウスが長生きしたそうです。足し算だけで良いことばかりではなく時には「粗食」のように引き算の考え方を持つことも大事なのかもしれません。

(監修:Doctors Me 医師)

デトックス効果の証明された食べ物は、ほとんどない?
本当に身体をスッキリさせる食べ物を選ぼう。

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス