12月になりました。大掃除をはじめましょう。

年末が近づくにつれ、慌ただしさが増していきます。
早めに大掃除に取りかかりたいところですが、掃除場所や汚れに合わせた洗剤をあれこれ揃えるのって手間もお金もかかりますよね。

この時期多くの家庭にありながらもほぼ100%の人が迷わず捨ててしまうアレで、汚れを落とし、除菌、消臭、ツヤ出しまでしてくれる万能クリーナーが作れるとしたら、すぐにでも大掃除を始めたくなりますよね。

コタツの上に常備されているアレをつかいます。

みかん。

出典 http://www.yuasashoyu.com

しかも、皮のほう。

出典 http://plaza.rakuten.co.jp

店頭にも様々な品種のみかんが並ぶ時期ですね。
手が黄色くなるほど食べてしまう人も多いのではないでしょうか。

…手が黄色くなるどころか、お腹を壊すまで食べる人も多そうです。

美味しいみかんを食べて満足したら、大抵の場合は捨ててしまう皮。
実は掃除にぴったりの成分がたっぷり含まれています。
捨てる前にもう一頑張りしてもらいましょう。

みかんの皮には掃除に役立つ成分がいっぱい!

・リモネン…油分解、油汚れ落とし
・ペクチン…コーティング、ツヤ出し
・クエン酸…汚れ落とし、消臭・除菌

出典 http://xn--u9j360ki0eyfx97i.jp

みかんの皮の凄いところは、乾燥させたり煮出すなどの特別な準備をしなくても、その効果を発揮できることなんです。

まずはスポンジをみかんの皮に持ち変えてみよう。

蛇口やシンク磨きに。
皮の白い面で蛇口などを磨くと水垢もスッキリ落とすことができます。

レンジで1分チンすると…。
電子レンジにこもった嫌なニオイを消すことができます。

革靴のお手入れに。
白い面で汚れを落とし、黄色い面でツヤを出すことができます。

油性ペンも落とせる!
テーブルなどにうっかり書いてしまった油性ペンの汚れは黄色い面でこすることで落とせます。

キッチン周りの汚れには特に効果を発揮するので、どこかしら磨いてから捨てるように習慣つけると日々の掃除も楽になります。

みかんの効果に納得できたら、クリーナーを作ってみよう。

みかんの皮2個分に対して水200mlを鍋に入れ、15分ほど煮ます。
あら熱が取れたら布巾やザルでこし、スプレーボトルに詰めて完成です。
200ml、400mlが作りやすい分量ですが、保存には向かないので1~2週間で使いきるようにしましょう。

コンロ周りの油汚れ、革製品のお手入れ、フローリングのツヤ出し、お風呂掃除など実に様々な場所に活用できます。
普段の洗剤では手荒れの心配があったり、お子さんのいる家庭ではその成分が気になることもありますよね。
このクリーナーはみかんと水のみで完成させているので手肌に優しいのはもちろん、お子さんに掃除を手伝ってもらうこともできます。

もともとは捨てるはずのもので、こんなにも優れたクリーナーができるとは驚きですね。
クリーナーとしての役割だけでなく、掃除中、掃除後も柑橘系の良い香りが漂いリラックス効果を得ることもできます。

もちろん大掃除に限らず普段使いのクリーナーとしても重宝しますので、ぜひ作り方を覚えておいてくださいね。

この記事を書いたユーザー

さかいまりも このユーザーの他の記事を見る

プラチナライターになりました。
歳をとっても「おんなのこ」らしくありたいと願うズボラ主婦。
プチプラ、可愛いもの、チョコレート好き。
札幌、新潟、東京、埼玉を行き来しています。

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 美容、健康
  • おもしろ
  • ニュース
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス