12月18日に公開される「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」

出典 http://index.hu

今年12月18日に全国の劇場で公開される「スター・ウォーズ」のシリーズ最新作「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」

エピソード6『ジェダイの帰還』から30年後の世界が舞台となる今作。今から公開が待ちきれないといったファンも多いのではないでしょうか?

最新作でも活躍が期待される多くの「ドロイド」たち

出典 http://item.rakuten.co.jp

スター・ウォーズといえば、人工知能を持つロボット「ドロイド」たちの活躍も見どころのひとつ。

公開を控える最新作では、同シリーズの名コンビである「C-3PO(画像左)」と「R2-D2(画像右)」に加えて、球形のコロコロ転がるドロイド「BB-8(画像中央)」が登場することがわかっています。

また、ピンクのドロイド”R2-KT”の出演も決定

IMG_2314
by gordontarpley

そのほかにも「R2-D2」をピンクにしたような愛らしい姿が特徴的なドロイド「R2-KT」の出演も決定。

みなさんは、この非公式キャラクターとして誕生したピンク色のドロイドをご存知でしょうか?

ひとりの女の子のために作成されたドロイド「R2-KT」

出典 http://www.melty.it

ひとりの女の子のためにスター・ウォーズのファンたちによって作成されたというピンク色のドロイド「R2-KT」

スターウォーズのファンコミュニティー”501st Legion”の創設者であるアルビン・ジョンソンさんと、その娘ケイティ・ジョンソンちゃん。

2005年、脳腫瘍のため、余命わずかと診断されケイティちゃんの願いは「自身を見守ってくれるドロイドが欲しい」というものでした。

そして、このことを知ったスターウォーズのファンたちは、ケイティちゃんの好きなピンク色のドロイドを制作。

この実物大のドロイドは、ケイティちゃんの名前から「R2-KT」と名付けられ、ケイティちゃんを見守るドロイドとしてプレゼントされました。

現在もケイティちゃんの意思を継ぐかのように活躍を続ける「R2-KT」

出典 http://www.starwars.com

「R2-KT」に見守られるかたちで亡くなったケイティちゃん。

その後、R2-KTはケイティちゃんの意思を継ぐかのように世界中の病院を回り、病気の子どもたちを励ましています。

ケイティちゃんの意思を継ぐ、子どものために生まれたドロイド「R2-KT」。

2008年に「エピソード2/クローンの攻撃」にカメオ出演して以来、今作で2度目の出演となりますが、劇場ではぜひ「R2-KT」の姿も目に焼き付けておきたいですね。

この記事を書いたユーザー

amaneck このユーザーの他の記事を見る

記事を読んでいただきましてありがとうございます。ネットでちょこちょこ記事を書いている神奈川県在住の副業ライターです。個人的に気になったことをお伝えしていきますのでどうぞよろしくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス