記事提供:カラパイア

アメリカでアジア的な顔をした人が「アジアのどこ?」と聞かれるのはお決まりのフレーズだ。観光客や一時的に滞在している人であればそんな会話も楽しめるが、アジア系の2世、3世、4世ともなるとそれは紛れもなくアメリカ人である。

カリフォルニア州ロサンゼルス在住のアーティスト、ケン・タナカ(本名:デイビットユーリ)さんが、

アメリカで生まれ育ったアジア系の人が白人の人々から良く聞かれるこれらの質問を面白おかしく仕立てた「君はどういうアジア人なの?」という動画を公開した。

女性役のステラ・チェさんがジョギングをしていると、白人の男性が話しかけてくる。彼にまったく悪気はないのだが、とてもしつこくステラさんの祖先がアジアのどこから来たかを聞いてくる。

そして、ステラさんから答え(?)を聞き出すと、得意げにアジアのことなら詳しいよ、と言わんばかりにキムチと照り焼きに話を切り替えた。

面白いのは、その後にステラさんのとった行動だ。聞き取りやすい英語なので英語の勉強をしている人、またアメリカに長期滞在を予定している人などは良い教材になるかもしれない。

出典 YouTube

・動画の内容

アメリカ人男性(以下男):やあ

韓国系アメリカ人(以下女):どうも

:いい天気だね

:ええ、やっとね

:(女性の英語の発音のよさにビックリして)君はどこ出身なの?とても英語が上手だね

:(戸惑いながら)サンディエゴよ

:(そうじゃなくて、という風に)えっと…君は…どこから来たの?

:生まれたのはオレンジカウンティだけど?

:いや、その前の話だよ

:(不審そうに)私が生まれる前の話?

:そうじゃなくて、君たち(先祖を含め)はどこから来たの?

:(少し固まり)…曽祖母はソウル出身よ

:(満足そうに)韓国人か。やっぱりね!日本人か韓国人かな、と思ったんだけど、きっと韓国人だろうと思ったんだ

:(皮肉まじりで)すごいわね

:(韓国語と思われる言葉で頭を下げる)

:家の近くにすごく美味しい照り焼きバーベキューのお店があるんだけど。あ!でも僕はキムチも大好きなんだ

:へえー。で?あなたはどこ出身なの?

:サンフランシスコだよ

:(先ほどの男を真似て)じゃなくて…出身地は…どこなの?

:ああ、僕はアメリカ人さ

:あら、あなたはアメリカ先住民(インディアン)なわけ?

:違う、違う。普通のアメリカ人だよ

(しばしの沈黙…)

:ああ、僕の祖父母はイギリスから来たんだ

:イギリスね…

と、突然女性はとりつかれた様にイギリス英語(やダンス)を連発する

:(強いロンドン下町訛りで)やあ、旦那さま!いったいどうしたことさね?トップ・オブ・ザ・モーニング!(アイルランド英語のグッドモーニングにあたる挨拶表現)

お茶はどうです?お茶は?(シェイクスピアから『マクベス』の一節)(アイリッシュダンスの真似)マインド・ザ・ギャップ(ロンドン地下鉄のホームで案内される“隙間にお気をつけください”という意味)

切り裂きジャックに気をつけろ!ブロッディー・ヘル!!(=なんてこったい。イギリス英語)ピップ・ピップ・チェリオー(どちらも別れの挨拶。イギリス英語)

:(元に戻って)あなたの民族のフィッシュアンドチップはとても美味しいわよね

:(女の奇行にビックリして)君、ちょっとおかしいよ

:え?私っておかしいの?韓国人だからかな

私もアメリカにいたときは何人?と良く聞かれたし、中国人と韓国人と日本人の見分け方を教えてくれと言われたこともある。

だがアメリカで生まれたわけではないし一時的に滞在していただけだから答えようもあるけど、根っからのアメリカ生まれのアメリカ育ちの二世、三世ならばもう彼らはアメリカ人である。

違和感を覚えるのは当然のことだ。というかもともとアメリカは移民たちが築き上げた国でもある。

もちろん、アジア系アメリカ人のみが、このような人種に関する尋問じみた質問を受けるわけではない。ラテン系の人々も同様な質問をされることがある。混血の人も同様だ。

ただし我々もアジア人が英語しか話せない場合が想定できてないので、日本に来ているアジア系のアメリカ人に悪気はなくても失礼なことを聞いてしまったりしている場合もあるし、

逆に外国人の顔をしているのに日本語しか話せない日本人に対して違和感を覚えたり、肌の色に対する偏見というのはなかなかに消えないものだ。

そしてもう一つ同じくケン・タナカがプロデュースした日本語の話せる白人と日本語の話せないアジア系の人、日本語しか話せない店員によるこの動画もおすすめだ。

出典 YouTube

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス