お屠蘇は、唐代の中国で正月に飲む風習が生まれ。日本には平安時代に伝わりました。

初め、宮中で行われていた元日の儀式として取り入れられたお屠蘇の行事が、やがて江戸時代になると、庶民の間にも広がって、日本のお正月の風習として定着していったものです。

「お屠蘇(とそ)とは、」

お屠蘇(とそ)とは、御神酒(おみき)ではありません

お屠蘇とは、「屠蘇散」という=・桔梗(キキョウ=咳や痰を抑え、痛みを鎮める。)・白朮(ビャクジュツ=食欲不振、疲れをとる。)・桂皮(ケイヒ=手足の冷えや怠さをとる。)・防風(ボウフウ=発汗、解熱、炎症を抑える。)・陳皮(チンピ=消化を良くし、健胃作用。)・山椒(サンショウ=胃腸の働きを良くし、痛み止めになる。)・丁字(チョウジ=身体を温める。)、などの薬草を細かく刻んで、調合(5~10種類くらいの生薬)した漢方薬を、お酒や本みりんに浸して作ったものが=お屠蘇です

※屠蘇散のレシピは、中国・三国時代の華陀(カダ)と言う名医が処方したと伝えられています。

お屠蘇の「屠蘇(とそ)」の意味は・・、「邪気を屠(ほふ)り、魂を蘇らせる」の意味があり。
これは、用いられている生薬からも分かるように、「血行をよくして、胃腸の働きを活発にし、風邪を引きにくくする」という効能があります。
※屠(ほふ)り…の意味=ほろぼす。

これを元日=年の初めに大中小の三杯の盃を用いて飲むときに「一人これを呑めば、一家くるしみ無く。一家これを呑めば、一理に病無し」と唱えて呑むと良いそうです。
※一理は、約4㎞。


呑む順番にも決まりがあり、若い人から生気を年長者におくるという意味で、年少者から順次年長者へと盃を進めて頂くのが決まりです

まず、最年長者から最年少者にお屠蘇をついで(未成年の場合は飲む真似だけで構わない)、次に、最年少者からみて次の年長者にと…順繰りに年齢を上げて盃を回して飲んでいきます。
そして、最後に最年長者の盃にお屠蘇をついで、これを飲みほすことで若い生気を頂くということです。

※地方や家庭によっては、年長者の英知を分けて頂くということで、年長者から頂くという場合もあるようです。


お屠蘇を頂くのは、元旦のいつ?
出来れば・・ちょっと面倒くさいかもしれませんが・・、元旦の朝に、若水(元旦の朝に汲んだその年初めての水)で身を清め。

初日の出や神棚、お仏壇など拝み、家族揃って新年の挨拶を交わしてから・・。

家族揃って東の方を向き、おせち料理やお雑煮を頂く前に年少者から順番に頂きます。

※厄年の人は最後に呑む=厄年以外の人から、厄をはらう力を分けてもらう為。

(因みに、うちの父親は元旦のまだ夜が明けない時間に、まずお風呂にはいり。日の出を拝んでから、家族揃って「おめでとうございます」と挨拶を交わし。それから父親が、お屠蘇を子どもから順番についでくれて、子どもですから盃に口をつける真似だけをして、その次に楽しいお年玉をもらい…。自分の名前の書かれた祝い箸を使って、味噌じたてのお雑煮とおせち料理を頂いていました。)

お屠蘇の作り方

<用意するものの>
・屠蘇散 (屠蘇散は漢方薬局などで・・一袋200円前後で購入できます。)
・酒
・本みりん (みりんは料理用では無く、本みりんを使います


<作り方>
・お酒と本みりんを合計300mlに屠蘇散を浸します。
(本みりんが多ければ甘くてまろやかな口当たりに、お酒が多ければドライな味わいに仕上がります。お酒の苦手な方は本みりんのみで作っても構いませんし、甘さがいらない方はお酒のみでも構いません。)

・抽出時間は、屠蘇散の説明書きをみます。抽出時間は(生薬の調合されている種類にもよりますが・・、)平均5~8時間です。

・元日に飲む時間から逆算して、大晦日の夜に浸します。

・抽出が終わったら、屠蘇散は取り出します。
(うっかりして長時間浸し過ぎると、沈殿物がでて濁る可能性もあるので気をつけてください。)



【お屠蘇・・ちょこっと豆知識】
昔、昔は、大晦日の晩に屠蘇袋という「紅絹(もみ)の袋」に入れて、屠蘇散を井戸の内側にかけておいて、それを元日に取り出して酒やみりんに浸し、煮出して作ったものこそが正真正銘の「お屠蘇」なのだそうです

また、お屠蘇は、正月三が日には年始客にも振る舞われるもので、それ以降は井戸に捨てられました。(こうすることで、井戸の水で水あたりしない。一種の消毒を兼ねていたと思われます。)


「鏡餅と年神様」

お餅とは・・、
お餅は、稲の力がぎっしり詰まった聖なる食べ物、神に捧げる神聖な食べ物と考えられていたことから、昔の人にとってお餅はハレの日(特別な日)に食べるご馳走だったのです。
(そのことにプラスして、お餅は、餅つき=みんなの力を合わせて作るという行いから、共同体の力や絆を強める食べ物とも考えられていました。)

そして、鏡餅に年神さまの霊を移したうえで、年神様から新しい生命を分けて頂くという呪詛的意味合いから生まれた習慣だそうです。

じゃあ、なんで鏡餅は二つ重ねなんでしょうか?
これは、月(隂)と日(陽)を表し、福が重なると考えられたからだそうです。

では、鏡餅の上にのせるミカンの意味は?
ミカンには魔除けの意味があるのです。そもそも、橙や柚子、橘などの柑橘類は不老不死の霊果と考えられてきた特別な果物だったのです。
きっと昔の人も、ビタミンCはしらないけれど、ミカンなどの柑橘系のもつ健康効果が、風邪に効くということには気づいていたのだと思われます。

そのことから、お餅を食べて年神様から新しい生命を移してもらっても・・・。風邪を引いては台無しだと、鏡餅のてっぺんにミカンをのせて病魔退散のまじないをしたのでしょう。


因みにですが…、昔の人は、(近所のおばあちゃんたちもよく言いましたが…)、お乳(母乳)の出がわるい、或いは出にくいお母さんは、お餅を食べるとお乳(母乳)の出が良くなるといわれています
これは、マクロビ料理の先生も同じことをいっていました。
お餅って、それだけ食材のパワーがギュと詰まった食べ物だということを物語っている話だと、そのとき思いました。


「おせち料理は、なぜ?に、暮れのうちに作るのか・・」

これは、良くいわれているのは、毎日、毎日、休み無しで、24時間体勢で家族の為に働いてくれている、お母さんを正月三が日くらいは、ゆっくりと休ませてあげようということで、保存のきくおせち料理を早めに作っておくというもの。

※これにプラスの話として…、祖母から聞いた話では、婚家(姑や小姑がいる)で一年中気遣いをしているお嫁さんに、せめて正月くらいは堂々とゆっくりさせてあげられる口実でもあるのだと教えてくれました。
その心は…、
これは普段どれ程仲が良くない嫁と姑でも、目出度いお正月くらいは、最低限度の礼儀を相手につくしましょう。守りましょう。ですが、それを無視して嫁を働かせる姑は論外。まして、姑のマナー違反をいさめない息子(=嫁を庇うことが出来ない夫)であるなら、「そんな男さんと一緒にいても幸せにはなれません」と祖母は言っていましたので…。
ある意味、その人の人となりを知る基準だったのかもしれません。


もう一つは、年神様が各家庭を訪れる時間帯の問題です。
昔は、大晦日の夜に年神様が訪れると考えられていたので、おせち料理(=お供え)は、まずは年神様に食べて頂いて、新しい生命が宿ったものをおさがりとして頂く

その為には、年神様がいらっしゃる前におせち料理を準備しておく必要があったから…ということです。

(そして、お正月用の祝い箸は、どちらを使ってもよい=神様とともに頂くということ、その力を頂くということです)


「おせち料理に欠かせない?!「三品」って・・?」

おせち料理に欠かせないのは「黒豆」「かずのこ」「ごまめ」の三品です

これら三品は祝い肴といわれ、正式な四段重のおせち料理のなかでも、一の重に入れられます。

祝い肴というのは、かつて祝い事を行ったときの作法(式三献)で、儀式のときに一献飲むごとに食べたおつまみのことです。

大中小の盃を用いて、全員が三回まわし飲みして、盃が一回りするたびに食べたのが祝い肴です。

祝い肴は、お目出度い席で食べるので、ご馳走か?といえばそうでも無くて、手軽で縁起がいいとされる食材で作られました。

黒豆は、「まめに達者に」という語呂合わせから無病息災を願って食べられ。
かずのこは、たまごが多いことから子孫繁栄に通じ縁起が良いと食べられ。
ごまめは、五万米とも書くことから豊作祈願の意味から食べられました。

おせち料理の基本は、お屠蘇、雑煮、煮染め・・、祝い肴です。

そして、最低限、お餅と祝い肴があれば、正月の祝いは出来るといわれています。ですから、どんなに豪華な食材を使ったおせちでも・・、祝い肴の「黒豆」「かずのこ」「ごまめ」がないおせち料理は、おせちとは言えないわけですね。


大晦日は?!「なんで、そば」・・なんだ?!?

年越し蕎麦を食べるのは、蕎麦が細くて長いことから長生きで来る。或いは、長く商売が繁盛するといった願いが込められていると・・いわれますが、それなら「太くて長い」うどんの方が、もっと縁起がいい気もするのですが…「年越し…うどん」
(太く長く生きられる。商売も太くて大きく繁盛できる。なんて思うんですが…)

でも、やっぱり…、大晦日に食べるのは「蕎麦」

では、それはなぜ?なんでしょうか…。

これは、江戸時代まで話が戻って・・ですね。
江戸時代の金銀細工の職人たちは作業中に飛び散った金粉や銀粉を、蕎麦団子を作っておいて、作業場の床や畳みにまいて、それをペタペタ・・、ポンポン・・とやれば畳の目に入り込んだ細かな金粉、銀粉が蕎麦団子にくっついてきます

そして、この団子を拾い集めて焼けば・・、蕎麦団子やホコリは灰になりますが、金銀はしっかり残る・・というわけです。

そこから、「蕎麦」は「金銀を集めて縁起がよい!!」となって、商人たちの間で集金日となります毎月末に蕎麦を食べる習慣が生まれました。

これが、やがて、一年の終わりの大晦日に蕎麦を食べる風習に繫がって、庶民の間に広がっていたようです。

ということを知ると・・、今年は、年越し蕎麦を食べるときに金銀を広い集める蕎麦=金運を呼ぶ蕎麦・・と、祈りながら食べることで御利益があるかも知れません。


お正月の仕来り、風習・・確かにちょっと面倒なお作法はあるけど・・。

年少者から飲んで年長者に元気をあげるお屠蘇の作法は、家族みんなが元気で健康に…の思いだし。

お屠蘇を飲みながら口にする言葉は、自分の家族だけでは無くて、自分の周りの人たちも健康でありますようにとの願いだし・・・。

祝い肴は手に入る身近な物で、語呂合わせの縁起を担ぎ、神様も巻き込んでのパワーある楽しい一年への願いですし・・。

どれもこれも、自分だけでは無くて周りの人、神様、そして食べ物に感謝して、縁起を担ぐ、日本人の優しさとユーモアが感じられるお正月の風習だと思うのでした。

この記事を書いたユーザー

しーちゃん このユーザーの他の記事を見る

知らないことが知りたくて、メンタル、カルマ、礼法に漢方スクール…etc.とお勉強。で、ですね、人を動かしているのは無意識、でも、この無意識を味方につけるとスゴいんだ~と気づいたら…、なぜか、「えっ?!そうくるかぁ~」と、色んな場面に遭遇しれしまう…という面白いことが起こりだすのでした。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • 国内旅行
  • グルメ
  • 暮らし
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス