幻のティラミス!?

国内で27店舗を展開する洋菓子の「シーキューブ」が、初出店から28年の技術を結集し、泡雪のようにふわっと消えるような食感を実現した「究極のティラミス」完成させたとの情報を得たんで調べてみました。

ティラミスで有名な洋菓子の「シーキューブ」が、2015年12月1日~21日までの期間限定で"幻のティラミス"「泡雪ティラミス」を発売します。

出典 http://bg-mania.jp

日本人って“限定”というワードや“幻”ってワードに弱い印象あるんよね。
もちろん、わたくしもそういった言葉に異様に弱いのです!

ティラミスL

出典 https://www.suzette-shop.jp

シーキューブ自慢の「ティラミス」の素材や味はそのままに、ふわふわとした食感を表現するため、メレンゲを大幅に増やし、生地を固めるゼラチンをできる限りおさえました。

そのため賞味は 当日限り。
百貨店では販売されず、一日10個限定(要予約)で横浜工場にて直売されます。

まさに“幻のティラミス”とも呼べる、とても希少なティラミスです。ティラミス好きの方々はもちろん、日頃お世話になっている横浜市の皆様に向けて、心を込めた美味しさをお届けいたします。工場直売の新鮮な「シーキューブ」のティラミスをぜひお楽しみください。

出典 https://www.suzette-shop.jp

そして、こちらが幻のティラミス!!

出典 https://www.facebook.com

通常のティラミスLが1296円(税込)やから、限定品で1404円(税込)やとお買い得やと思うね。

発売前だが実食レポも

これは絶対おいしいに違いない!との確信を持った記者は、発売前の「泡雪ティラミス」を特別に入手することに成功!早速、定番商品の「ティラミス」と食べ比べてみた。

まず見た目からして、「泡雪ティラミス」は立体感のあるビジュアルになっている。スプーンですくってみると、その違いは歴然!定番のティラミスはスプーンの上である程度形を保っていたが、「泡雪ティラミス」はプリンのようにとろりとしている。口に入れると、豊かなコクと共に瞬時にして溶けていった。

もちろん、定番商品の方も大変なめらかな口当たりなのだが、「泡雪ティラミス」はメレンゲに含まれている空気が生み出す、しゅわしゅわとした食感が印象的だった。どちらも同じ素材を使用しているため、味に大きな違いはないのだが、「泡雪ティラミス」の方が濃厚に感じるという意見も編集部では聞かれた。

どちらも上品な甘味で、エスプレッソの染み込んだスポンジは、程よい苦味が絶妙。28年間にわたりティラミスを追求してきた同店のこだわりが、その味に表れていた。

定番の「ティラミス」か「泡雪ティラミス」か、人によって好みが別れるところではあるが、記者はすっかり「泡雪」の虜に!1度食べたら忘れられない、魅惑の“ふわふわティラミス”をぜひお試しあれ。【横浜ウォーカー】

出典 http://news.walkerplus.com

「魅惑のふわふわティラミス」
心地ええ響きやね。プリンのようなトロり感ってのはプリン好きなわたくしの琴線に触れたかも?(笑)

購入方法は?

【商品名称】 シーキューブ 横浜工場直売「泡雪ティラミス」

【販売期間】 2015年12月1日(火)~12月21日(月)

【販売価格】 1,404円 ※税込価格

【販売場所】 シーキューブ 横浜リバーサイドスタジオ/〒223-0059 神奈川県横浜市港北区北新横浜2-1-1/横浜市営地下鉄ブルーライン「北新横浜」駅より徒歩5分

【販売方法】 購入前々日17時までに、要電話予約 TEL:0120-917-225(受付時間:9:00~17:00/ご注文は1を押してください)
※商品お渡し可能時間帯は、11時~17時

【お問合せ】 お客様相談室 TEL:0120-917-225(平日9時~17時) 

出典 https://www.suzette-shop.jp

横浜リバーサイドスタジオへのアクセス

神奈川県民以外にはハードル高げな限定品やけど、泡雪を口内で溶かしてみたいですね!

この記事を書いたユーザー

アカンな~同好会 このユーザーの他の記事を見る

ツイッター
https://twitter.com/jose1106
アカンな~同好会【ラーメン編】
http://ameblo.jp/jose-r-b/

宜しくお願い申しあげます

得意ジャンル
  • グルメ
  • 料理
  • 感動
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス