記事提供:カラパイア

前に、フランスの高校でも似たような動きがあったことをお伝えしたかと思うが(関連記事)、メキシコの首都、メキシコシティにあるエリート系の公立高校では、

社会における無意識なジェンダーに対する差別をなくすため、1年に一度、男子がスカートを履き、女子がネクタイを付ける日があるという。

今年もほとんどの学生が参加し、男子はスカートで、女子はネクタイをつけその日一日を過ごしたという。

なかなかに男子も女子も似合っている。生徒が発案し、いまだこの伝統が続いていることはみんななんとなく楽しかったりしているのだろう。スカートを履くとそれとなく女っぽいふるまいをするようだ。

出典:imgur

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス