「進撃の巨人」、アニメにそんなに興味がなくても知ってる方が多く今年は石原さとみさんが主演で実写映画化もされた漫画でアニメです。

Licensed by gettyimages ®

注:筆者の個人的な趣味で入れてしましたが石原さとみさんは今回の記事に関係ありません。

この「進撃の巨人」のアニメ劇場版後編が12月16日(水)に発売されます。

出典 YouTube

劇場で観た人も観てない人も楽しみにしてる人が多いでしょうがBD&DVDの初回版には特典があるのがお約束です。
アニメ「進撃の巨人」劇場版後編にも当然初回特典があります。

初回特典は何か?

アニメ「進撃の巨人」劇場版後編のBD&DVDの初回特典とは一体何なのか?
その前に今年の3月に漫画版「進撃の巨人」で無料公開された(現在は公開終了)「進撃の巨人」関西弁版をご覧ください。

エレンが「しばくぞボケェェェ」と叫び、アルミンが「あかああぁぁぁん」と嘆くという笑激の漫画です。なんとそれが第1話「二千年後の君へ」を、本編と同じ声優を使って関西弁にアフレコしなおしアニメになってしまったのです。

出典 YouTube

「その日人類は思い出した――ヤツらにキャン言わされとった恐怖を。」というナレーションから始まり、エレンが「でっかいおっさん(巨人)や!」と叫び、調査兵団が巨人に立ち向かう時には「いさらせボケえええええ!」と叫びながら斬りかかっていきます。

「進撃の巨人」第一話といえば

この名台詞ですが上述した漫画版関西弁バージョンでは

こんなもんじゃありません。漫画版関西弁編よりもこってこっての関西弁で


「ヤツらの正体を、なーんもわかりまへんでしたぁぁ!!」

こってこって過ぎて「お前反省してねーだろ!」とツッコミながらも腹筋が崩壊してしまいます。
他にも巨人のことを「でっかいおっさんや!」と言ったり、アルミンがいじめられるときに「この巨人ファンが!」と罵倒されたりとギャグを織り交ぜてきています。

これを本編と同じ映像で同じ声優が真面目に演じてるのですから笑ってしまうのも当然です。この初回特典が付いたアニメ劇場版『進撃の巨人』後編~自由の翼~」は12月16日(水)発売。現在予約受付中です。

他にも劇場版後編オリジナルサウンドトラックCDや「進撃の巨人」アニメーション原案設定資料集、劇場版後編「解体新書」などの特典がありますので

予約して関西弁を喋るエレンやミカサの姿を観てください。

この記事を書いたユーザー

篁五郎 このユーザーの他の記事を見る

政治・経済、思想・哲学、文学を学びつつ地元を中心にラーメンを食べ歩くフリーの物書きおじさんです。
spotlight公式/プラチナライターでもあります。仕事は随時受け付けしてますのでブログなどを参考に依頼待ってます。
ブログ:http://ameblo.jp/komi1114/
メールアドレス:komi1114@gmail.com

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス