中国の人口

1980年から35年間続いた「一人っ子政策」に幕を閉じた中国。少子化と経済低迷が深刻化し、子どもを2人持てるという政策を公式に導入しました。2014年末時点で、公式集計された中国のその人口は、なんと13億6千800万人。桁違いの多さです。

我々日本人からは、あまり想像がつかないその人口の多さ。13億人以上の国っていったいどうなっちゃうの?!人が集まっちゃうと、どんな風景になっちゃうの?!と、興味もわいてきます。

そんな中国の、人、人、人、人…な様子を画像でお見せいたします。それを見て、人の多いメリット、デメリット、今後の中国経済、世界経済、日本に与えるであろう影響、家族について、交友関係について、どんなことでもいいので、考えてみてください。

2人子どもを持つ家庭が増えるであろう中国。その利点や欠点なども一緒に想像しながら見てください。

世界を驚かせた、中国の人間だらけの写真

出典 http://news.super-chinese.com

山東省青島市のビーチ。海や浜辺の砂がほとんど見えません。泳げるの?(笑)って目が点に。でも大勢で、楽しく、そして暑い夏を海で過ごせたことでしょう。

出典 http://news.xinhuanet.com

こんなビーチもあります。パラソルがとてもキレイですが…。暑い夏に、海の水で暑さは吹き飛ぶのでしょうか?

出典 http://plus.appgiga.jp

浮き輪してる意味もなくなりそう!?

出典 http://plus.appgiga.jp

水面がまったく見えません!でもみんなの顔には笑顔が!とっても楽しそう!

2010年9月28日、新華網によると、中国の人口が2033年には15億人に達する見込みだ。

出典 http://news.super-chinese.com

出典 http://www.recordchina.co.jp

広東省恵州市の大学入学模試の様子。この高校では、月1で模擬試験が行われるそう。この机の配置はピシーっとそろうように決められているようです。通常の教室では、この机の並びの幅では、広さが合わないため、試験前に全員で体育館へ机を持っていき並べるのです。1学年数百人という規模なんだから、仕方がない。

依然として続く人口増加

出典 http://news.super-chinese.com

出典 http://www.focus-asia.com

中国江蘇省の美大受験の模擬試験には、なんと1万人が。

出典 http://www.focus-asia.com

まぁ、これだけ人数が多いと、デッサンと言ってもモデルが中央にいて…なんて普通にはできません。というか、後ろの人には見えません(笑)みんなどうやらデッサンをする人の写真を持っているようです。

健康意識と教育水準の向上停滞

出典 http://news.super-chinese.com

出典 http://blog.livedoor.jp

陝西省宝鶏市にある専門学校で行われた、校庭での試験。目的は、「学生にテストの厳粛さを感じてもらう」こと、「カンニングを防止する」ことなどだそう。1,200台以上の机と椅子で、キレイに並んでいます。そして不正防止のため、80人の教師陣が、望遠鏡や脚立、ビデオカメラなども使用しての徹底した監視もしているのです。

出典 http://eedu.jp

中国のカンニング対策は徹底しています。学校の近辺にある林の中でもやります。1人ひとりが離れているから、カンニングもできません。屋外なら、かなり広範囲を使用できるメリットも。

出典 http://eedu.jp

試験会場には、金属探知機を設けている地方もあるそうです。カンニング業者というものがあり、生徒に消しゴム型やペン型の受信機で解答を教えているらしいのです。大勢の生徒を金属探知機で検査するのも時間がかかりますね。

人口における男女比のアンバランスさや農村を中心に急速に進む高齢化

出典 http://news.super-chinese.com

出典 http://www.i5ch.com

何の写真だ?と思いますが、実はコレ、中国の高速道路の渋滞です。富裕層が増えると自家用車を持つ家庭も増え、高速道路が高速道路でなくなりつつあります。

流動人口の増加と都市化率の上昇加速

出典 http://news.super-chinese.com

出典 http://ccpics.net

人間も多けりゃ、アヒルも多い!5000羽ものアヒルたちが道路を埋め尽くします。

出典 http://ccpics.net

中国は人口だけでなく、家畜も多いのです。

出典 http://www.recordchina.co.jp

アヒルの大行列。

未成年や出稼ぎ労働者など社会的弱者に対する性観念啓蒙の遅れ

出典 http://news.super-chinese.com

出典 http://www.china8.jp

切符窓口はいつも長蛇の列。ピーク時や、帰省ラッシュはもうすごい列だとか。乗りたい電車の切符を買うために、前夜から徹夜で並ぶ人たちもいるとか。

出典 http://jp.reuters.com

北京の駅の様子です。新疆ウイグル自治区などで攻撃が相次いだ頃、地下鉄の警備も強化していました。ラッシュアワーなのに、身体検査。

「一人っ子政策」を廃止した背景には、中国の労働人口(15~64歳)が総人口に占める割合は2016年をピークに下がり続け、経済成長を支えられなくなるという当局の判断

出典 http://www.sankei.com

出典 http://dailynewsagency.com

中国最大の武術専門学校である「少林Tagou教育集団」の生徒たちです。見事なパフォーマンス。2008年の北京オリンピックのセレモニーにも出演するほど。1万人もの生徒が一斉に演武を。

出典 http://dailynewsagency.com

すごい!模様のようです。これだけ大勢がそろうのもかなりの練習が必要です。

しかし、新政策がうまく効果を発揮し多くの子供が来年以降に生まれたとしても、労働人口に成長するまでに15年かかる。

出典 http://www.sankei.com

出典 http://d.hatena.ne.jp

北京の名物ともなっている大渋滞。時間は問わず、朝から夜まで。もはや、車移動はおすすめではないような??そしてこの大渋滞で引き起こるもう1つの問題は、大気汚染。マイカーを持つ人口も増える中、有害物質を吸い込まないといけなくなる恐ろしさ。

国連人口基金が発表した予測によれば、中国の労働人口は16年、総人口の73%を占める9億9600万人に達すると予想されるが、その後は下がり続ける。

出典 http://www.sankei.com

出典 http://d.hatena.ne.jp

こうなると、もう信号も何もあったもんじゃないですね。

中国が一人っ子政策を継続していれば、50年には7億9千万人までに減少し、総人口に占める割合が61%まで下がる。

出典 http://www.sankei.com

出典 http://www.nikkei.com

この渋滞と大気汚染の中を歩く人々。苦しそう…。

教育費の高騰や空気汚染など、子育て環境の悪化で子供を産まない夫婦の割合が都市部を中心に急増しており、一人っ子政策を廃止しても、少子高齢化の傾向が改善されるかどうかは分からない。

出典 http://www.sankei.com

出典 http://j.people.com.cn

この光景を日常的に目にするのは、キツすぎます。歩いて移動したほうが速そうとも思ってしまう。

中国の問題を表現したアート

人口約14億人で世界第1位、国土面積世界第4位というすさまじい規模の国・中国。そこに顕れる問題もまたすさまじい規模になることがあります。医療費の増大や超受験戦争など、中国の社会問題を思いっきり増幅して表現したアート写真です。

出典 http://dailynewsagency.com

出典 http://dailynewsagency.com

貧困問題も。数人に1つ与えられた小さな空間が積まれています。

出典 http://dailynewsagency.com

受験戦争も激化。詰め込み、詰め込み、何があっても勉強しないといけない社会に。

出典 http://dailynewsagency.com

広告の量もハンパない!こんなにあっては、いったい誰が目にするのか…!?

人がこれだけ集まる写真はまるでアートのよう

本当に人人人人、人が多い中国です。遠くから写したその人々の集まった写真は、アートのようにも見えてしまいます。

人口の増加で、さまざまな問題も山積みのようです。中国だけでなく、インドなど人口の増加が著しい国はまだあります。人口増加に関してさまざまな対策をとり、近い将来どのように変化していくのでしょうか…。

この記事を書いたユーザー

シロクマInTheSky このユーザーの他の記事を見る

Spotlightプラチナライターとして執筆しています。日々の生活に役立つ情報をどんどんネット配信していきたいと思います♪日本も含め、海外などあちこちに出没しています(笑)世界中のいろんな記事を書いていきたいと思います(^_-)

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 美容、健康
  • ファッション
  • おもしろ
  • ニュース
  • 話題
  • ライフハック
  • 暮らし
  • カルチャー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス