自分の想いを綴っていくと、すっきりする。

Licensed by gettyimages ®

そのような経験はありませんか。SNSやブログに書くのではなく、自分だけがみられるノートなどに気持ちを書いていくと、思いのほかすっきりしていきます。今日は「書く」メリットをご紹介します。

書くことは、気持ちを整理することに繋がります。

書いてもあまり意味がない、と思いがちですが、これが意外と効果的なのです。

誰にも見られない、というのがポイントですよね。

その1:頭の中をクリアにする。

Licensed by gettyimages ®

何かに悩んだり忙しかったり、そんな時は頭の中が整理されていないことが多いです。冷静になれば見えてくることも沢山ありますので、ノートに思っていることをどんどん書いてみましょう。

頭の中をすっきりクリアにする
「牛乳買わなきゃ」「明日までにこれをしあげなきゃ」頭の中にはやらなければいけないことがいつもぐるぐる巡っています。一日の早い時間に時間を見つけて「今日やること、やりたいこと」をすべて紙に書き出しておきましょう。ほんの小さなことから、大切な仕事までなんでも構いません。紙に書き出してしまうことで、頭の中にもっと大切なことを考えるスペースが生まれます。

出典 http://googirl.jp

頭の中の考えていることを、紙に書くことですっきりします。紙に書くことで行動が明確になり、新しいことを考えることもできますよね。

その2:自分や周囲のことを客観的に見つめる。

Licensed by gettyimages ®

毎日を過ごす中で理不尽に感じたり、辛いと思うこともあるでしょう。そんな時も、ノートに書きだしてみることで見えることがあるでしょう。実は自分自身も反省する必要があった。こういうことはされたくない等、自分やお相手とのかかわり方も見えてくるものです。

客観的になる
どうしても納得のいかないことや、心の中で葛藤が生まれてしまったときには、自分の気持ちを紙に書き出してみましょう。文字にして客観的に見ることで、感情に振り回されず冷静に答えを導くことができます。友人と問題について語り合うような気持ちで、じっくりと書き出してみて。

出典 http://googirl.jp

目の前の出来事を書くことで振り返ることができます。誰も見ていないからこそ、冷静になって見られるもの。そういった点でも書くことはおすすめです。

その3:モチベーションをアップさせる。

Licensed by gettyimages ®

同じような毎日を過ごしていると、モチベーションを維持し続けることの方が難しいかもしれません。そんな時は、自分の理想を紙に書いてみましょう。

モチベーションUP
やりたいことや成し遂げたいことを、ぜひ紙に書き出してみましょう。自分の中に眠っていた希望や可能性を自分でしっかりと認識することは、やる気を奮い立たせ、自分の限界に挑戦する勇気を与えてくれます。友人にはちょっと言うのが恥ずかしいような望みでも、どんどん書き出して!

出典 http://googirl.jp

明確に書き出していくことで「実現できそう!」と思えるもの。気持ちも前向きになってきますので、定期的に書いてみると良いでしょう。

その4:夢を実現させるために書く。

Licensed by gettyimages ®

夢を実現するために、なぜ書くことが重要なのでしょうか。

夢を実現する
夢やゴールを紙にかくことで、計画がより具体的になり実現の可能性についてもより鮮明に意識できるようになります。紙に書き出すことは夢を実現するための第一歩。“実現するには何が必要か”というところまで、じっくり考えてみてくださいね。

出典 http://googirl.jp

計画を具体的に、より細かく書くことで「次に何をすべきか」「今は何ができるか」ということが見えてきます。壮大な夢もノートになら素直に書けそうですよね。

その5:過去の自分を振り返ること。

Licensed by gettyimages ®

過去を振り返る。時には大切なことですね。

過去の自分を知る
昔の日記を読み返してみたら「あれ? こんなことあったっけ?」なんて過去の記憶がよみがえってくることはありませんか? 起こった出来事をすべて頭の中に留めておくことはできません。定期的に自分の想いや出来事を書くことで、あなたが経験したかけがえのない出来事を長く心に留めておくことができます。

出典 http://news.livedoor.com

これまでの自分の生き方のパターンを知ることもできるでしょう。そういった意味でも書いて記録をすることは大切です。

何を書いたらいいかわからない。

Licensed by gettyimages ®

そのような意見を時々いただきます。でも、本当に何を書いても大丈夫です。

書く内容はなんでもいいんです。例えば、日記のような書き方でもよいし、嫌なことがあったらその感情をおもいっきり、紙に書いてみるのです。それから、悪い感情を、紙に書いて発散した後は、自分の願望であったり、改善したいところ、将来の夢などを紙に書くようにします。内容は気にせずに、とにかく書きまくってください。

出典 http://daihugounninaru.web.fc2.com

社会の中では、思っていることをそのまま伝えられない事情も、ありますよね。でも、想いを溜め込むのはよくありません。誰に見せなくても良いので、感情を出せる機会は持っておくとよいでしょう。

書くことで、自分自身を知ることができる。

Licensed by gettyimages ®

遠慮や我慢をしたり、忙しい毎日を生きていると「自分自身がどうしたいか」すら、見えにくくなることもあるでしょう。そんな時、「書く」ことで自分を振り返ることができます。もやもやしている、辛いことや、嬉しいことやこれから実現したいこと、何でも書き綴って、ご自身の心を、もっとすっきりさせてくださいね。すっきりした気持ちで過ごす毎日は、きっと素晴らしいものになるでしょう。

この記事を書いたユーザー

山本明日香 このユーザーの他の記事を見る

講談社:VoCE読者ブロガー「VOCEST」3期生。スワロフスキーアーティスト。ヨガ、ストレッチを中心としたボディメイク、ヨーロッパのファッション・ライフスタイルなどを発信するのが得意!ダイエット検定1級取得。Webライティング能力検定1級合格 ◆美容ブログ:http://ameblo.jp/asukaproduce/

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス