逃走エミューの捕獲に成功!

群馬県安中市大谷の山道で飛ばない大型の鳥「エミュー」が目撃された事件で、25日午後4時ごろ、高崎市乗附町の山の斜面でエミュー1羽が捕まった。高崎署員と群馬サファリパーク(富岡市)職員ら7人が生きたまま捕獲に成功し、高崎市内に住む所有者の男性の元に返した。けが人はなかった。(毎日新聞)

出典 http://news.yahoo.co.jp

エミューって、白人のオーストラリア入植の際に絶滅した鳥かと思いこんどったんで、群馬県での脱走劇を聞いた時、なんとなく嬉しくなりました。

エミュー(Emu、学名:Dromaius novaehollandiae)は、平胸類(ダチョウ目)の鳥の一種。オーストラリア全域の草原や砂地などの拓けた土地に分布している。周辺海域の島嶼部にも同種ないし近縁種が生息していたが、現生種の1種のみを除いて絶滅したとみられている。オーストラリアの非公式な国鳥である[1]。

出典 https://ja.wikipedia.org

ところで、

エミューって、なんのために飼育されとるんか気になってんけど、人間にとって有効な活用法があるようやね。

エミュー活用の可能性

・エミューオイル
エミュー肉
・エッグアート
・寝具などの羽毛商品
・雑草対策や耕作放棄地の有効利用

1.エミューオイル

もともとオイルはオーストラリア先住民のアボリジニに数千年前から利用されてきた歴史があります。 動物性なのに植物性脂肪を構成する不飽和脂肪酸を多く含み、その中でも天然の潤い成分であるオレイン酸が保湿効果を、リノール酸が清潔感を保ちます。厚生労働省の医薬部外品成分表にもエミュー油として記載されていることから、オイルはスキンケア商品や医薬部外品としての大きな産業になりうる可能性を持っていると言えるでしょう。

出典 http://www.nodai-bio.jp

抗炎症効果をもつリノレン酸も含んどるらしいね。

2.エミュー肉

肉は高蛋白、低カロリーで、豚肉の約4倍の鉄分を含んでいます。また、卵は卵白に特徴があり、独特の弾力性を出します。

出典 http://www.nodai-bio.jp

馬刺しよりも美味しいとの声もあるようやね。

3.エッグアート

殻の色も天然保護色のため深い緑色の特徴ある色合いですので、エッグアートなどに加工されています。

出典 http://www.nodai-bio.jp

4.寝具などの羽毛商品

羽根は1つの根元から2枚の羽根が生え出した珍しい物で、オーストラリアでは寝具などの羽毛商品として販売されています。

出典 http://www.nodai-bio.jp

5.雑草対策や耕作放棄地の有効利用

ダチョウより攻撃性が低いことより、メガソーラーの雑草対策として飼育された事例もある

出典 https://ja.wikipedia.org

雑草対策や耕作放棄地でエミューを飼育することにより、近隣農作地の鳥獣対策を兼ねることもできそうやね。

そう遠くない将来、エミューが畜産の一角を担う可能性も出てくるかも知れんね。

この記事を書いたユーザー

アカンな~同好会 このユーザーの他の記事を見る

ツイッター
https://twitter.com/jose1106
アカンな~同好会【ラーメン編】
http://ameblo.jp/jose-r-b/

宜しくお願い申しあげます

得意ジャンル
  • グルメ
  • 料理
  • 感動
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス