十一月十五日を中心に行われている「七五三」。子どもの成長を祝うこの行事は、かつて重要な意味を持っていました。

出産や子育てが死と隣りあわせだった時代

現在のように医療が発達していなかった時代、お産はつねに死の危険を伴うものでした。

京極夏彦の小説「姑獲鳥の夏」で一躍有名になった姑獲鳥(うぶめ)は、難産で亡くなった女性が変化した妖怪だといわれています。そのように困難なお産を経て、やっと生まれてきた子どもたちも死亡率が高く、幼いうちに子を亡くしてしまう親が多かったのです。

七五三は神の子から人間になるための通過儀礼

子どもたちは「七つまでは神のうち」といわれました。七歳までは神様から預かった子どもであるという意味です。七歳まで無事に生きてきた子どもの成長を祝い、氏神様に感謝のお参りをするのが「七五三」です。

この時、子どもは現世に生まれ変わり、自分の足でしっかりと生きていくことを決意することになります。

三歳・・・髪置きの祝い(男女)
男子は剃っていた髪を伸ばし始め、女子はおかっぱ頭から結髪に改める。

五歳・・・袴着の祝い(男子)
男の子に初めて袴を着せる。

七歳・・・帯解(女子)
帯の代わりに身に着けていた紐を取り、初めて帯を結ぶ。

これら武家社会で行なわれていた慣習が現在の七五三の原型といわれています。

もともとは関東地方の習慣だった

現在では全国的に行なわれている七五三ですが、もともとは関東地方の習俗であり、関西ではあまり一般的ではありませんでした。数え13歳の「十三参り」が七五三に代わる主な歳祝いだったのです。

なぜ11月15日になったのか

11月15日に行うのが一般的になったのは江戸中期以降といわれています。徳川綱吉の長男、綱吉君の祝いを天正元年十一月十五日になったという説があります。厳密に十五日にしなければならないということではなく、「15日を中心とした佳日」で良いとのこと。

ちなみに長寿を願う「千歳飴」は江戸の浅草寺境内で売られていたものが全国に広がっていったのだとか。神様と仏様の加護を受け、子どもたちはいっそうたくましく成長してくれそうですね。

今では形式化されているが、親が子どもの健やかな成長を願うのはいつの時代も変わりません。23日の靖国神社のテロ事件で七五三参拝も中止されてしまいましたが、子どもたちの晴れの舞台がテロという暴力で傷つけられてしまったことに胸が痛みます。

【参考文献】
『こんなに面白い民俗学』(八木透・政岡伸洋著/ナツメ社)
『日本人のしきたり』(飯倉晴武著/青春出版社)

この記事を書いたユーザー

華蓮 このユーザーの他の記事を見る

子供の頃から不思議なものを見つけたら調べずにはいられない性格。ちょっと恥ずかしがり屋なのはご愛嬌。一般の人が知らない「面白い」を探すのが私の喜びです。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス