11月25日に放送された「ためしてガッテン」で特集された酒粕

出典 http://www9.nhk.or.jp

11月25日に放送されたNHK「ためしてガッテン」

今回の放送では、百薬の長とまで言われる「酒粕」について特集していました。

番組では、酒粕のおいしさに触れながら、これまでにない粕漬けとして、魚介類や野菜など様々な粕漬を紹介。

奈良女子大の協力の下、新しい粕漬けとして試してみた食材は50品目。そのなかでも、みんなが一番気になったのが「マシュマロの粕漬け」だったようです。

番組でも最も好評と紹介された「マシュマロの粕漬け」

Licensed by gettyimages ®

番組では街頭で食べ比べをしてもらった結果、最も好評だったのが「マシュマロの粕漬け」と紹介。

実際に食べ比べを行った一般の人から、その後番組宛てに『名前をつけて名物にしたほうが良い』など手紙が届くなど、かなりの反響があったんだとか。

なんでも酒粕の酵素が、マシュマロの卵白のタンパク質を分解し、旨み成分アミノ酸へと変化させるという「マシュマロの粕漬け」

出演者たちも実際に食べた感想をこぞって「絶品」と称し、出演者の一人、山瀬まみさんは『奈良の名物にできるし、フランスとかで商売できる』と絶賛していました。

そのほかにも番組では「マイかす床」の作り方を紹介。

材料は、市販の酒かす(100g)と、焼酎(またはみりん)50mlの2点のみ。

作り方は以下の通り。電子レンジを使うことで簡単にかす床を作ることができるようです。

1.酒かすと焼酎を耐熱容器にいれる
2.600Wの電子レンジで40秒間を目安に加熱する(ラップはしてもしなくてもOK)
3.40℃程度まで温めた後は、ゴムべらなどでペースト状になるまでかき混ぜる
4.その後、2日間程度、常温(20℃~25℃)で置いておけば完成です。

あとは、好きな食材を「かす床」に漬け込むだけでOK。

漬け込む時間については、肉、魚、野菜などは20時間~24時間、マシュマロであれば4時間~6時間程度。

この放送終了後、ネットでは早速「マシュマロの粕漬け」の作成に取り掛かる人たちもいました。

ちなみにこの「マイかす床」については、半年間はもつとしながらも食材によっては半年よりも短い期間で傷む場合があると紹介。すっぱい匂いがしたら交換してくださいとのことです。

自宅でも超簡単につくれてしまいそうな「マシュマロの粕漬け」。興味のある方はぜひ試してみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

amaneck このユーザーの他の記事を見る

記事を読んでいただきましてありがとうございます。ネットでちょこちょこ記事を書いている神奈川県在住の副業ライターです。個人的に気になったことをお伝えしていきますのでどうぞよろしくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス