遅い

運が悪い人には、スピード感がありません。

運が悪い人は、決まって「遅いこと」が特徴です。

出典 https://happylifestyle.com

何事に対しても、必要以上に慎重なのです。

慎重派の人は、好き好んでゆっくりになり、……うまくいかないのです。

出典 https://happylifestyle.com

仕事では、些末な部分にもこだわって、時間をかける人がいます。上司やクライアントが「重要ではない」と考えている部分についてこだわると、評価を落とすことになります。

恋愛についても同様です。好きな人ができても、モタモタしてなかなか告白しようとしません。様子をみているうちに、相手は誰かと付き合い始めます。

このタイプの人は、自らチャンス(運)を逃していると言えるでしょう。

物事のマイナス面ばかりに注目してしまう

物事には、良い面もあれば、悪い面もあります。

不幸のプラス面には一切気づかず、被害を受けたことだけしか認識しません。

出典 http://the5seconds.com

悪い面に注目してしまうと、ネガティブな感情に支配されます。

『嫌だなあ』と思うと、身体の中の働きがうまく動かなくなります。

出典 http://pit89in.jugem.jp

心身ともに、悪い影響が出るのです。心身が不調の状態で何かに取り組んでも、なかなか上手くいきません。そのため、「自分は運が悪い」という思いを深め、さらに心身の不調も深くなる…という負のスパイラルに陥ってしまうのです。

自分の受け取り方で、運を悪くしている…と言えるでしょう。

チャレンジできない

挑戦できない人は、運を逃します。

本来は、やっていくうちに上手くできるようになりますね。

出典 http://idel-realization.jp

高齢の方が人生で後悔することは、挑戦しなかったことだそうです。

ためらいを感じて、思い切って前進できないと後悔しやすいです。

出典 http://idel-realization.jp

挑戦すれば、もがいているうちに上手くなるということがあります。また、ほかの道が見えてくるということもあります。とにかく、挑戦しないと始まらないのです。

運をつかむためには、自ら動くことが大事になります。

短期的な結果を重視しすぎる

短期的な結果を重視しすぎると、失敗します。

運の良い人は長い目で人生をみることができます。

出典 http://the5seconds.com

運のいい人は、長い目で物事を考えています。

短期的な成功が優先されることになるが、実はそれは、場合によっては、長期的な成功にとって危険なものでもある。

出典 http://web-tan.forum.impressrd.jp

短期と長期の利益は、相反することがしばしばあります。たとえば、自己投資です。自己投資にお金を使うと、短期的には(金銭的に)損をします。しかし、その投資は、将来何倍にもなって返ってくる可能性があります。

若いときに自分に対して投資しろ…とよく言われますが、そういう意味なのです。

自分の利益を考えすぎる

自分の利益を追求することは、当たり前のように思えますが…

たいがいの人には自分の利益を得ることだけに目がいって、他人の損益は目に見えなくなるものだ。

出典 http://ueshin.blog60.fc2.com

そうすることで、他人が損をしていることがあります。

運が良い人の性格では、周りの人や貴人に引き立てを受けられるので発展します

出典 http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp

自分が損をすることで、他人が得をしていれば、あなたは不快に感じるでしょう。不快に感じれば、その人のことを嫌いになり、一緒になにかやろうとか、助けようとは思わないはずです。自分の利益を考えすぎると、まわりの不興を買います。

その結果、まわりからもたらされる運はなくなります。

ネガティブな発想をする

運の悪い人は、「自分は運が悪い」と思っています。

運の悪い人の特徴は「自分は運が悪い」「ついてない」とよく口にすることです。

出典 https://www.facebook.com

それを口に出すこともありますね。

運を引き寄せたかったら、ネガティブな発想・発言をしないことです。

出典 https://www.facebook.com

ネガティブな発想をする人は、笑顔を見せず、表情が暗いことも多いです。明るい人には明るい人が寄ってくるように、暗い人には暗い人が寄ってきます。暗い人同士で愚痴を言い合い、モチベーションを下げあっても、いいことはありませんね。

ネガティブな発想をする人に、幸運が舞い込むことはありません。

まとめ

運が悪い人の特徴をまとめました。

1)遅い
2)物事のマイナス面ばかりに注目してしまう
3)チャレンジできない
4)短期的な結果を重視しすぎる
5)自分の利益を考えすぎる
6)ネガティブな発想をする

以上の6つです。

自分は「運が悪い」と思っていると、その思いを補強する事実ばかりに注目して、集めてしまいます。そして、「やっぱり自分は運が悪いな」と納得してしまうのです。

したがって、まずは、運が悪いと思わないことが大事です。

客観的に評価して、「運が悪い」と思うのであれば、あなたにはスピード感がなくて、チャレンジできない…という特徴があるのかもしれません。運に恵まれる機会を逃すタイプだということです。

このあたりを改善すると、今よりも運に恵まれるようになると思います。

この記事を書いたユーザー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス