記事提供:CuRAZY

「朝が弱い人」と「クリエイティブな人」は類似する特徴を持つことが判明しました。

1. 二度寝の気持ちよさに勝てない

睡眠時間の確保はクリエイティブな創作活動には欠かせません。例えば、アインシュタインは最低でも10時間の睡眠をとっていたとも言われています。

2. 決まった時間に起きられない

クリエイティブな人の多くは、既成概念に縛られない思考をするため、時間通りの行動は苦手なのです。

3. なぜか明日こそは絶対起きられると思っている

「根拠のない自信」を持っている人はクリエイターに向いています。自信こそが創作の意欲をかき立てるのです。

4. あと5分寝かせて!が口癖

夢を見ることは記憶を整理する役割も担っています。二度寝をに費やした数分間が、想像力を引き出すためには大切なのです。

5. 起きないための言い訳をすぐ考えてしまう

朝の弱い人は、いつだって起きないためにクリエイティブな言い訳を作り出します。「朝食のトーストを焼かずに食べれば、もう少し寝てもまだ間に合う」と都合のいい物語を創造します。

6. 寝坊してもやることはやる

朝が弱い人は「遅刻した分、仕事の内容で結果を出せばいい」といったポジティブな考えを持っています。

7. 早寝早起きを決意してもだいたい3日坊主

クリエイティブな人はとにかく飽きっぽいものです。自分で決めたルールであっても毎日同じことをするのが苦手で、常に新しいことをしたくなってしまいます。

8. 遅刻しているのに焦らない

クリエイティブな人は常にマイペースです。一見すると自分勝手ですが、独創的でオリジナリティある発想生み出すこともあります。

9. 寝坊して怒られても気にしない

批判の声に耳を貸さず、萎縮せず、気にせず突き進めるのはクリエイターにとって大切な資質です。

10. 夜中に考えごとや作業をすると止まらない

クリエイティブな人には夜行性が多く、一度妄想を始めると止まりません。

11. 気付くと朝方。そして寝坊

のめり込めるのも才能です。辺りが明るくなって初めて朝だと気付くほど夢中になってしまうのです。

12. 文字通り夢見る人

クリエイティブな人は必ずと言っていいほど大きな夢を持っています。起きなくてはいけない時でも、ついつい人より夢を見過ぎしまうのです。

ただし、朝が強い人からすれば、「クリエイティブとかいいからちゃんと起きて」というのが本音でしょう。

クリエイティブな気持ちを残したまま、朝寝坊を治せると一番いいかもしれませんね(笑)。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス