マクドナルドのスタッフに扮した海外のユーチューバー“Dartanion London”氏が

マクドナルドのCMをアップル風にしたらどうなるのか?

という動画を制作したところ、『無駄にオシャレ!』『マクドナルドに対するイメージが変わった』と話題となっていたので紹介したいと思います。

『私達は食品そのものを変えたいと考えます。そして人々が驚くような素晴らしいものを作りたいと思っていました。それでは紹介します。』

ポテトです。(笑)

素晴らしいほど、アップル風に制作されたこのCM。出だしの語りっぷり、そして、あまりにスタイリッシュなこのカメラワーク。内容は恐ろしいほど薄いのですが、このクリエイティブさに、なぜだかワクワクが止まりません。

『見て下さい…この薄さ』

と言わんばかりのこのカメラワーク。未だかつて、ここまで斬新なポテトのCM、見た事がありますでしょうか?

『ポテト…それは現代にマッチした高品質な食べ物。でもこれが全てではありません。紹介します』

ナゲットです。


ただのパロディ作品とは思えない、クオリティが高すぎるこの作品。

ナゲットが、Macbook Airのようにパカッと開くシーンなんかは、映像のプロが作っているといっても、誰も疑わないレベルです。

『そして、あともう一つ、忘れてはならない商品があります。紹介します。』

MACです。

最後は、BIG MACではなく『MAC』にすることで、もはや完全にアップルのCMとなった…このアップル風マクドナルドのCM。(笑)

では、コマーシャル一つで、ここまでイメージが変わるのか…と驚きを隠せない、Dartanion London氏が制作したパロディ動画。ご覧下さい。

出典 YouTube

カッケェェ(゚Д゚)ェェエエエ!!!

最後はリンゴではなく、ハンバーガーのロゴで締めくくるというのも素敵すぎますよね。(笑)

すでに200万再生を突破し、“Good”の数はなんと驚異の7万グッドという、高評価のこの動画。あまりの好評っぷりに、次回作もあるような発言もあったそうなので、『○○のCMをアップル風にしてみた』シリーズ。今後の展開に大いに期待したいですね。

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス