記事提供:UNIQLO

世界中の人や景色の美しい一瞬を独特な視点で撮り続ける、写真家の福田洋昭さん。インスタには48万人のフォロワーがおり、世界中にファンがいます。

そんな福田さんとユニクロが、今回初のコラボレーション。世界4都市で、福田さんの目を通したユニクロのニットは、いったいどのように映るのでしょうか。ニットに感情が宿る、その瞬間を切り取った世界を、ぜひお楽しみください。

フォトグラファー 福田洋昭さん

1981年神戸生まれ。日々、膨大な写真が流れるインスタグラムのなかでも、圧倒的な世界観で世界中に48万人のフォロワーをもつカリスマ・インスタグラマー。現在、世界中の企業やブランドからオファーを受け、日本だけでなく海外での仕事も多数請け負っている。

■ニューヨーク

自由で最先端の街ニューヨークでは、都会の空気をまとったクールな女性をイメージしました。

撮影に選んだ場所は、朝日が眩しい早朝のブルックリン橋や閑静な住宅街であるウェストビレッジ、いま若者から注目を集めているダンボや街の象徴でもある地下鉄です。

伝統ある場所、新しい流行が生まれる場所など、色々な見どころがある街ですが、どこも絵になります。

ここで着用したのは、羊毛のなかでも上質な子羊の原毛のみを使用した、ラムのクルーネックセーター。そして100%カシミヤのVネックセーター。

カシミヤは、今季はVネックをやや浅めにして、デコルテをきれいに見せるラインに仕上げてます。ラムのオレンジ、カシミヤのグレーが太陽の光と街にとけ合い、独特の世界観を表現しています。

■ロサンゼルス

今回、福田さんが最初の撮影場所に選んだジョシュアツリー国立公園は、ロサンゼルスから日帰りでいける国立公園です。

公園内は200万本の大きなジョシュアツリーと自然の岸壁が無数にあり、まるで別の世界にタイムスリップしたよう。ロサンゼルス国際空港から車で約2時間半で、この不思議な風景に出会うことができます。

そんな場所で着用しているのは、エクストラファインメリノのVネックカーディガンとクルーネックセーター。

メリノ種からとれるウールの中でも最高級のものを100%使用しています。暖かなセーターに身を包んだごく日常の風景と、この異世界のような風景のギャップを楽しんでもらえればと思います。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス