記事提供:Techinsight

10年前に行方不明となり、やがて警察も死亡とみなしたことから14歳の面影のままで止まっていた中国のある少女。彼女がなんと元気な姿で発見された。しかし「これまでどこにいたの?」と問い詰めた人々は彼女の答えに愕然としてしまったという。

中国・浙江省で10年前に突然行方不明となり、死亡したものとみられていた当時14歳のXiao Yunさん。

しかし24歳の女性となった彼女が20日に発見された。場所はあるインターネットカフェ。時おり行われている公安当局の抜き打ちチェックがきっかけであった。

偽造された身分証明書を所持していたことから警察署に連行されて罰金の支払いを命じられたが、このような供述をして署員を慌てさせたことをマレーシアのメディア『The Star Online』が伝えている。

「10年にわたり街のネットカフェを転々としながらゲーム三昧の生活を送っていた。寝るのはネットカフェ、お風呂に入りたい時は公衆浴場を利用したの。

食事はもっぱら顔なじみとなった仲間からの差し入れに頼っていたけれど、収入を得るためにいくつかのネットカフェではレジのアルバイトもしたわ。」

娘が生存との吉報に警察署に駆けつけた母親はその後、地元メディア『Qianjiang Evening News』に「希望を捨てることはできなかった。娘が知っているこの番号にいつか連絡が来るのではないかと信じ、携帯電話の番号を変えることなく待ち続けていました。

もう24歳ですから叱ることもないでしょうが、私の短気で頑固な性格が災いし、思春期だった娘には厳しく叱ってばかりでした」と親としての反省と深い愛情を口にした。

祖父母に育てられる中、両親と口論としたことをきっかけに家を出たというXiaoさん。しかし自由きままなネットカフェではそんなことも忘れ、ファーストパーソン・シューティングゲームの“クロスファイア”にハマリっぱなしであったそうだ。

大人たちには理解できないことが多すぎるゲームの世界に没頭してしまった若者の心。Xiaoさんの仰天告白に言葉を失ってしまった親は多いはずだ。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス