寒さが増して根菜がおいしい季節になってきました。なんとなーく苦手な人も多い「カブ」が実は炒めるとすごくおいしくなるってご存知でしたか?汁けがジュワッ、甘味が増して土臭さがちょっと消えます。簡単に作れるので、カブというとこれまで漬物やお味噌汁くらいだった人はぜひお試しください。

用意するもの:カブ、豚肉、調味料

出典撮影:蜜

材料(量は食べたいぶんご自由に):
カブ…皮をむく(ピーラーだと楽です。今回は束になっていた小サイズ5個使用)
豚バラ肉…100g以上あると嬉しい
ごま油、塩、しょうゆ
※余った葉っぱは細かく刻んでお味噌汁にしたり菜飯にしたりと使えます

手順1:カブを1cm厚に切ります

出典撮影:蜜

ピーラーで皮をむいたら、1cm以上の厚さに切ります。あんまり薄いとヘロヘロになってしまい、極度に厚すぎるとちょっと食べづらいです。

手順2:豚肉を炒めます

出典撮影:蜜

熱したフライパンにごま油大さじ1/2くらいを入れて豚肉を炒めます。豚肉の量にもよりますが、塩を2つまみくらい投入。

手順3:カブと調味料を加えます

出典撮影:蜜

豚肉に焼き色がついてきたらカブを入れます。しょうゆ小さじ1、酒小さじ1を入れて全体に混ざるように炒めます。

手順4:カブが透き通ってきたら完成

出典撮影:蜜

全体を混ぜるように炒めていると、真っ白だったカブの外側がなめらかな半透明ぽくなってきます。全体的にツヤが出てきたな~と思うあたりでストップします。漬物で食べられる野菜ですから、火の通り具合はあんまり心配しなくても大丈夫です。最後に塩を1~2つまみふり、ざっくり混ぜ合わせて完成です。

カブの意外な一面を発見できます

出典撮影:蜜

なにしろ噛むとおいしい汁気がジュワッと飛び出し、表面はなめらか、食べ応えもあり、適度な塩気でご飯がどんどん進みます。食感の想像ができない人は大根の煮物(固め)を想像するとちょっと近いかも?豚肉との相性も◎。ビールのおつまみにも良いですよ!
たくさん作って余ったら冷蔵庫に入れておき、翌日のお弁当にもどうぞ。ハマると何度も作りたくなる、おいしいカブのおかずでした!

おまけ

この記事を書いたユーザー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス