この世の中には、「人気者」とか「モテる」人がいますよね?

Licensed by gettyimages ®

今回の投稿では、今まで営業マンや運転手などのサービス業に従事し、現在飲食店を経営する筆者が、大学時代に学んだ心理学的なメソッドや、実際に現場での顧客とのコミュニケーションなどから学んだノウハウなどを通じて、読者の皆さんに「どうすれば人気者やモテる存在になれるのか?」の基礎知識をお伝えしたいと思います。

因みに筆者は「人気者」でも「モテる」でもありませんが、営業や販売などの仕事をずっとやってこられていますし、勿論日々コミュニケーションについては考えていますので、一般的な方よりは、その点に詳しいのかなと思いまして、少々図々しいかとも思いましたが、知識や経験の共有が出来たらと思い書かせて頂きます。

コミュニケーションは、いくら勉強が出来てもダメな人は本当にダメですし、その逆にあまり賢くないと言うと語弊がありますが、そういう方でも、コミュニケーション能力に非常に長けていて、上手く世の中を渡られる方がいます。

筆者はもちろん後者狙いで頑張ってきましたが、92年に就職して20年以上、対人の職業をやってきた学んだこと、感じたことですので、是非ご興味のある読者の皆さん、最後まで宜しくどうぞお付き合いください。

では、本題に入って参ります

出典弊店公式写真担当「サワ」氏撮影

これから5項目の人が人に魅力を感じる条件を書いてまいります。

筆者が大学時代に学んだ心理学的なものがベースで、営業現場や、少ない恋愛経験なども混ぜて発展させた、オリジナル・メソッドです。参考になれば嬉しく思います。

1・その人との距離

Licensed by gettyimages ®

遠くにいる親戚より、近くいる他人と言うわけではないでしょうが、人は概ね近くにいる人を好きになるようです。

なので、こんなところに出逢いが無いなどと言って、自分の属する組織の人々と仲良くしようとしない人や、TVスターなどの日々会えない物理的距離の遠い人にばかり関心がいく人には、なかなか親友や恋人が出来にくいようです。

親友がいる人や、結婚している人などそうですが、その相手と出会うまでに、何万人も会って比較検討したわけではありません。

物理的距離の近い人にきちんと魅力を感じ、魅力を伝えられたに過ぎません。

2・見た目

Licensed by gettyimages ®

これは非常に難しい問題で、何しろ相手に魅力的だと思ってもらわないといけませんし、逆に自身も相手に魅かれないといけません。

同性でも異性でも、「この顔、気が合わないなぁ…」などと先入観で思ってしまう場合がありますよね?

実はこの身体的な魅力というのは、「かっこいい」「素敵」と思ったり思われたりすることが大事なのですが、何しろそれをきちんと定義することが困難です。

ただ一つ言えるのは、「これ以外ダメ」と、ある特定のタイプ以外を受け付けない人がいますが、色々な人々と交流することで「これもいいんだ、あれもいいんだ」になっていきますので、自分で閉ざさないことが大事かと思います。

あと、ここで言う身体的な魅力とは、誰が見ても美しいルックスのことではなく、物理的距離の近い相手に魅力が伝わるかの勝負です。痩せるとか化粧するとか…そういう努力のことではありません。

3・似てること

Licensed by gettyimages ®

一般的に多くの人は、「見た目」「行動」「考え方」「性格」「趣味」「食生活」「同窓」「同郷」など、類似性のある人を、そうでない人に比べ好きになる傾向があります。

「私、〇〇だから…」と、自分から間違った情報を発し、人を遠ざける人を時々見ますが、自分のことは他人の方が正しく見ることが出来ます。その点は人に映った自分を教えてもらうくらいでいいのです。

人は思わぬ自分との共通点を見つけてきます。若しくは自分は相手の気が付かないその人との共通点を見つけられたりもします。

似ていることは、仲良くなるうえで有利な条件を一つ獲得するようなものです。親近感があれば好きになりやすいですよね?

4・補えること

Licensed by gettyimages ®

人は人との共通点を見出して、親近感を持って魅力を感じるという趣旨のことを先程は書きましたが、実はそれプラスこれがあると更に望ましいのです。

相手には持っていない「知識」「考え方」「性格」「趣味」「経歴」のようなものでしょうか…。これらは、自分に持っていないから、この相手の事を知りたいとか、人が自分にしか持っていないものがあるから魅かれるとか、色々ありますが、自分にないものを持っている相手が魅力的に感じることは誰にでもあることです。

そういった補完性を築ける親友や恋人がいることは幸せな事です。これは誰にでも備わっていますから、上手く見せて、上手く見ることです。

コミュニケーションが上手な人は、自分や相手を決めつけません。その点に注意すれば自分の周りは補完性を満たしてくれる魅力的な人だらけであることに気が付きます。

5・周りの人の評価

Licensed by gettyimages ®

実は結構気にしてしまうのが、これですね。

気になる人が他の人にどう思われているかです。「俺はこの人に決めた!誰がなんと言おうとも!」のようなものも、信じたものを追い続ける美しさはありますが、誰もがそのような勇気を持っているわけではありません。

評判のいい人と仲良くしたいと考えることは決して強欲な事ではありません。そして自分も評判が良くなりたいということであれば、それも普通のことです。

ということで、当然他者からの評価の高い人が好かれることになります。

いかがでしたか?

Licensed by gettyimages ®

今回は筆者が今まで勉強したことや感じたことなどを組み立てて、「モテる」「人気者」の特徴となる5項目の魅力を感じやすい条件を書いてまいりました。

先ずはこの5項目の何処を切っても悪いところが出ない人がいたら、それは素晴らしいことだと思います。

勿論人間ですから、必ず誰にでも一長一短があります。その部分に折り合いをつけて友達や恋人を作って生きていくものなのです。つまらない拘りさえ捨てれば、必ず身の回りに自分にとって最高の素敵な人がいます。読者の皆さんに良い出会いがあることをお祈りいたします。

最後までお読み頂き有り難う御座います。

この記事を書いたユーザー

奥村裕二 このユーザーの他の記事を見る

東京都大田区大森生まれ。立正大学附属立正高等学校、尚美学園短期大学音楽ビジネス学科、放送大学教養学部生活福祉専攻卒業。STAY UP LATEオーナー。 ライター業と、セミナー講師、司会業も実質少々。江戸川区在住、一児の父。愛猫家。

得意ジャンル
  • マネー
  • 動物
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • キャリア
  • おもしろ
  • 音楽
  • 社会問題
  • 育児
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス