記事提供:Doctors Me

医師をはじめとする専門家が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。今回のテーマは「妊活知識」。心身を健康にする妊活指導を行っている、産婦人科専門医・樽井 智子先生のコラムをご紹介します。

日本では、現在、実に6~7組に1組のカップルが不妊に悩んでいると言われていますが、この背景には、男女共に、生殖に関する知識不足があると言えます。

このコラムを読んでいる皆さんの妊活に関する知識は、どのくらいでしょうか? ここで力試しをしてみましょう。

次の13の質問は、最近イギリスの研究者によって行われた、一般の人々の生殖に関する知識についての調査[※1]で使われたものと、ほぼ同じものです。

それぞれ・正しい(○)・間違い(×)・分からない(?)
の3択で答えてください。

■ 13個の質問に答えてみましょう!

1.女性は36歳を過ぎると妊娠し難くなる。

2.避妊せずに1年間夫婦生活を持ったカップルが、1年経っても妊娠に至らない場合、不妊症という。

3.喫煙は女性の生殖能力を低下させる。

4.喫煙は男性の生殖能力を低下させる。

5.カップルの10組に1組以上が不妊である。

6.精子がつくられていれば、その男性は生殖可能である。

7.現代の40歳代の女性は、30歳代のころと同じように妊娠できるようになってきた。

8.健康的な生活を送っていれば、妊孕力(妊娠する力)を維持できる。

9.男性が思春期以降におたふくかぜにかかると、将来不妊症になる可能性が高くなる。

10.生理がまったくない女性でも妊娠できる。

11.標準体重より13kg以上重い、肥満の女性は妊娠し難い。

12.男性は、勃起できれば、妊孕力(妊娠させる力)がある。

13.性行為感染症にかかると、妊孕力(妊娠する力)低下することがある。

■ 答え合わせ!

1.女性は36歳を過ぎると妊娠し難くなる。→

2.避妊せずに1年間夫婦生活を持ったカップルが、1年経っても妊娠に至らない場合、不妊症という。→

3.喫煙は女性の生殖能力を低下させる。→

4.喫煙は男性の生殖能力を低下させる。→

5.カップルの10組に1組以上が不妊である。→

6.精子がつくられていれば、その男性は生殖可能である。→ ×

7.現代の40歳代の女性は、30歳代のころと同じように妊娠できるようになってきた。→ ×

8.健康的な生活を送っていれば、妊孕力(妊娠する力)を維持できる。→ ×

9.男性が思春期以降におたふくかぜにかかると、将来不妊症になる可能性が高くなる。→

10.生理がまったくない女性でも妊娠できる。→ ×

11.標準体重より13kg以上重い、肥満の女性は妊娠し難い。→

12.男性は、勃起できれば、妊孕力(妊娠させる力)がある。→ ×

13.性行為感染症にかかると、妊孕力(妊娠する力)低下することがある。→

■ 日本人は、他国と比べて妊活知識が低い!

出典 https://doctors-me.com

【図:生殖に関する正しい知識をどれだけ持っているか?】

[※1]Bunting L, Tsibulsky I, Boivin J. Fertility knowledge and beliefs about fertility treatment: findings from the International Fertility Decision-making Study. Hum Reprod. 2013;28(2):385–397. doi:10.1093/humrep/des402.

世界各国の方に、皆さんに答えてもらったものと同じ質問に答えてもらった結果が、上の図です。この調査では、世界の平均の正答率は56.9%、男性は46.2%、女性は59.1%でしたが、残念ながら、日本人は、男女共に正答率が40%以下と、先進諸国の中では最低という結果となりました。

さて、皆さんは、どのくらい正解できたでしょうか? 妊活をしていく上で、正しい知識を持つ事はとても大切です。このコラムでも、妊活を考えている皆さんに、正しい情報・知識をどんどん伝えていきたいと思っています。

~医師:樽井 智子~

【あわせてチェックしたい!診断コンテンツ】

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス