記事提供:いいモノ調査隊

みなさん、こんにちは!プロレスリング・ノアの丸藤です!今回挑戦する商品は、18禁アイテム。といっても、アハンウフンなグッズではなく…「18禁ラーメン」だ。

パッケージはこちら。

パッケージからすでに18禁と謳っていますね。

ん?何が18禁?大人なラーメン?これを食べるとムフフな気分になるのか?おこちゃまは食べちゃいけないくらいのインパクトがあるんだな。

裏面を見ると、どくろマークとともにある文字が書いてある…。

「痛辛」なんて言葉、聞いたことないぞ。

裏を見ると「痛辛」と書いてある…「激辛」とかじゃなくて「痛辛」。そんな言葉あるのか?なるほど、18禁は18禁でも、辛すぎるが故の規制ってことか。

オレも大人だ。確かめてみることにしよう。よし!オープン!

よくあるインスタントラーメンのようだ。

ひとまず麺の見た目は普通。ということは、この銀の袋に入った粉末が悪魔の粉末ということか…。

袋からは何も危険な香りはしない。

まずは普通に麺を5分茹でる。

これもよく見る光景だ。

ここまでは匂いもなんともない。やはり問題はこの粉末ということだな。いよいよ、粉末投入!

やや茶色の粉末スープだが。

危険な色と香りだ!「痛辛」と説明があったので心の準備はできていたが、ちょっとむせる!おぉ、辛いんだな。わかるぞ。

体の準備もできつつある。どんぶりに移して…。

見た目は普通のインスタントラーメン。

初めて向き合う18禁ラーメンとの緊張からか、汗をかいてしまう。まずは匂い…カレーっぽいな。

スパイシーな感じ。

それでは一口…

ん…

あが…

うごっ…

あぎゃ!!!

辛いっ!!!!!!!!

てか!痛い!!!!!!!!!

食えるかこんなもん!!!

カメラも追いきれないスピードで体が反応してしまった…。

一口食べただけで首筋はこの汗だ…よし、一気にたたみ掛けて完食だ。

一気に麺をすする。

んあー!なんだこれ、無理だ。

舌と喉を強烈な刺激が襲う!熱い!痛い!辛い!火を吹きそうだ!

「痛辛」と書いている意味、18禁としている意味、自分で確かめてよく分かったよ。原材料を見てみると…ジョロキア粉末と書いてある…なんだそれ?

調べてみたのだが、これは本当に18禁だ。唐辛子の一種「ブートジョロキア」。辛さはハバネロの10倍。世界一辛いといわれている…そんなのラーメンに入れるなよ!

食えるか!!そもそも俺は辛いもの苦手なんだ!…ま、負けてなんかないからな!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス