皆さん、写真って被写体が変わることで別の写真に変わるって思いますよね。もちろん筆者もそう思っています。

ですが、"キャノン・オーストラリア”がとあるメッセージを伝えたいために、ある実験を行いました。

そのメッセージとは写真は被写体ではなく、写真を撮影している人によって形付けられるものであるといったもの。では、そのメッセージを伝えるためにどのような実験を行ったのでしょうか。

その実験とは

出典 https://www.youtube.com

実験の内容は、こちらの男性を被写体として行われます。この男性を撮影する6名の写真家を集め、被写体である"マイケル”さんを「彼らしく」撮影するように指示を出しました。

また、「彼らしく」撮影するようにとの指示と併せて、6名の写真家それぞれにマイケルさんの異なるバックストーリーを伝えました。

そのバックストーリーとは

出典 https://www.youtube.com

マイケルさんが写真家たちに伝えた自身のバックストーリーは『億万長者』『命の恩人』『漁師』『元受刑者』『霊能者』『元アルコール依存症患者』の6つのストーリです。

この内容を伝えられた写真家たちは、角度や照明を工夫しながら、マイケルさんの『本質』を引き出しました。

その結果、同じ人物であるにも関わらず、何故だか別人のように見えてしまうのです。

その写真がこちら

億万長者

出典 https://www.youtube.com

命の恩人

出典 https://www.youtube.com

漁師

出典 https://www.youtube.com

元受刑者

出典 https://www.youtube.com

霊能力者

出典 https://www.youtube.com

元アルコール依存症患者

出典 https://www.youtube.com

ここまでが、6名の写真家たちがマイケルさんを撮影した写真でしたが、いかがでしょうか?マイケルさんと容姿が全く同じな、別の人に見えてきませんか?

出典 https://www.youtube.com

キャノン・オーストラリアはこの実験の結果で、同じ被写体であっても写真をとる写真家の独自の視点によって、写真は変わる。ということを証明したのではないでしょうか。

写真を撮ることを趣味にしている人は、いつもと違った目線で写真撮影をすることができるのではないでしょうか。


▼異なるストーリーを撮影した写真はこちらから

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

MIRUYO編集部 このユーザーの他の記事を見る

話題のオモシロ動画まとめアプリ「MIRUYO」の編集部。

アプリでは人気の動画を毎日100本以上配信しています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス