記事提供:Techinsight

茨城の魅力をPRする動画の最新作「のびしろ日本一。いばらき県」では、数々のお笑い芸人が登場してネタを披露する。楽しみながら見ていると「これって、本当にPR動画なの?」と思ってしまうような内容だ。

ところが、後半から急展開となりちょっぴり切なくも感動的なエンディングを迎える。

茨城県はバラエティ番組『秘密のケンミンSHOW』(日本テレビ系)にて、“魅力度ランキング”で下位の常連だと話題になり、4月30日の放送では『群馬×茨城SP!悲劇の魅力度最下位争い!徹底対決』がテーマとなったほどだ。

そんなイメージを払拭しようと、今年の2月に『「なめんなよ・いばらき県」THE MOVIE』、3月に『「いばらきは、宇宙」いばらきを知ろう!大キャンペーン』というPR動画を公開している。

そして、11月4日に公開されたのが『「のびしろ日本一。いばらき県」PR動画(平成27年度いばらきを知ろう!大キャンペーン)』だ。

これまでのPR動画でも、いばらき宣伝隊長のピース綾部渡辺直美が中心となりコント仕立てで進めてきたが、今回はさらに気合が感じられる。

架空の都道府県高校を舞台に、学生役でよしもとのお笑い芸人が続々と登場。

とにかく明るい安村ピスタチオ、おかずクラブといった人気上昇中の芸人やレギュラー、なかやまきんに君といったベテランがネタを披露するので、ちょっとしたお笑い番組のようだ。

しかも他県の良いところをアピールしつつ、なぜか茨城県はバカにされがちで「PR動画とは思えないなんとも懐の深い作品だな」と感心してしまう。

ところが、終盤に入ると事態は急展開となり、感動のラストシーンへ向かうのだ。茨城県民ならずとも楽しめるPR動画なので是非ご覧いただきたい。

出典 YouTube

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス