麻酔科の増井医師が、手術の準備をしていてフェンタニルという注射薬のアンプル(薬瓶)を誤って床に落として割ってしまいました。

さて、あなたがもし増井医師なら、この後どのようにしますか?

モップを持ってきて濡れた床を拭いて、割れたアンプルは燃えないゴミかな?と思いますよね。
一般家庭で瓶入りの飲み物などを割ってしまって、中身をこぼした場合は、拭いて割れた瓶は捨てればOKですが、この場合はそのような対応をするとすごく叱られるんです。

どういうことなのでしょうか?

麻薬の取り扱いは厳しい!

フェンタニルは、麻酔や鎮痛目的に使う「麻薬」です。

麻薬は「麻薬及び向精神病薬取り扱い法」で厳しい取り扱い規定があります。
医師が麻薬を取り扱った時は、使用量と残量を正確に記載し残った薬や空き瓶はすべて返却することになっています。

万が一、薬瓶を割ったり倒してこぼしたりした場合は、ティッシュやガーゼで吸い取ってその吸い取ったティッシュやガーゼも割れた瓶と一緒に返却しなければなりません。
だから、モップで拭き取ってしまうと、こぼした液を返却できなくなるので、NGなのです。

そして薬瓶を割ってしまった場合は、始末書や事故報告書を都道府県庁に提出しなければなりません。

下の画像は始末書ではなく、麻薬帳簿への記載例です。

詳細に報告

始末書は、事故が起こった(薬瓶を割ってしまって回収できなかった)経緯を詳細に報告することになっています。

いつ、どこで、誰がどのようにして、薬瓶を割ってしまったのかなどを記入しなければなりません。

ちょっと看護師とぶつかって落としただけで、始末書だなんて、俺がいったいどれだけ悪い事をしたって言うんだよ!
と文句の1つや2つを吐きながら始末書を書くことになるでしょう。

麻薬を使っての疼痛治療や手術中の麻酔は、これほどまでに厳密に管理された薬剤を使って行われているのですね。
私たちの知らない所では、色々と細かな規定や規則があり、それに基づいて治療や医療行為が行われています。

こぼれた薬液まで、ティッシュやガーゼで吸い取って回収しているとは、驚きでした。

(参考書物:『麻酔科医ハナ①第8話「麻薬と麻酔科医」』著者:なかお白亜 
  監修:松本克平 双葉社)

この記事を書いたユーザー

不死身のひみこ このユーザーの他の記事を見る

患者からの目線と元医療従事者としての目線とで、医療や健康に関する記事をメインに書いています。
4度の手術に膠原病でバツイチで・・・と波乱万丈の人生ですが、”人生に喜びや笑いを添付したら結果は出るはず!”という「喜笑添結」で毎日を過ごしています。

得意ジャンル
  • 育児
  • 暮らし
  • 美容、健康
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス