お笑い芸人・志村けん(65)の母・志村和子(しむら・かずこ)さんが23日午前2時40分に亡くなっていたことを25日未明、志村けん自身が公式ブログで明らかにしました。96歳でした。

一番のファンの母親

私事ですいません
23日午前2時40分
私の1番のファンの母親が亡くなりました
22日だいじよぶだぁスペシャル収録終わり
病院に行きました

2012年にはお母さんが舞台を観に来てくれました。

今日は   母ちゃんが 舞台見に来てくれました
 
 
転んで入院 して  
舞台見たいから リハビリヶ月   

お母さんが大好きだった”志村けん一座”の公演

出典 http://ekimaeticket.blog.fc2.com

和子さんが何よりも楽しみにしていたのは”志村けん一座の公演”でした。

「それまでは元気で8月の志村魂の舞台は元気で観に来ました 10年続けて志村和子は観に来ました」と続けた志村。「舞台で津軽三味線を弾く時は客席から けんちゃん 頑張って 会場に響き 緊張して間違えてしまったのを覚えてます」と思い出を振り返り「母ちゃん有難う御座います 私を産んでくれて有難う 天国からまだまだ応援 見守って下さい」

出典 http://www.oricon.co.jp

10年続けて舞台を観に行っていた和子さん。大好きな舞台を和子さんにプレゼントできて親孝行でしたね。

在りし日の志村和子さん

出典 http://ameblo.jp

息子の舞台を見に行ったときの嬉しそうな一枚です。

和子さんは交通事故の影響で記憶障害になった夫を支えながら、3人の息子を育てた。

出典 http://matometanews.com

父親は小学校の教頭を務めていたが、志村が中学生の時に自宅前で交通事故に遭い、認識障害と思われる状態になってしまった。

ドリフにおける志村の爺さんに扮したコントは「この時期の父親をモデルにしたもの」と著書で語っている。自分の笑いを見て父親はどう思うか、ということが頭の中にあるようで、父親に自分の笑いを見てもらいたいという想いがあるのだろう。

「変なおじさん」も後遺症によって呆けてしまった父親をモデルにしたという話もあるが、志村なりの父親に対する愛情表現なのだろう。

出典 http://moto-neta.com

お父さんが交通事故で認識障害になられたのですね。和子さんは苦労して三人の子どもを育てたのですから頭が下がります。

志村さんがお母さんを愛して止まない理由がとてもよくわかりました。

和子さんは”氷川きよし”の大ファンでもありました

出典 http://laughy.jp

母親は踊りや芸事が好きで、自分は母親の性格を受け継いだのかもしれないと語っている。母親は氷川きよしの大ファンで、『バカ殿』のコントにも出演したことがある。

出典 http://sp.starblog.jp

氷川きよしの大ファンだったのですね。

志村が芸能界で成功した後はフジテレビ「志村けんのバカ殿様」の初夢コントや、テレビ朝日の正月特番「志村&鶴瓶のあぶない交遊録」にサプライズゲストとして出演。独身を貫く志村に対し「結婚どうすんだ?」が口癖だった。

出典 http://matometanews.com

「結婚どうすんだ?」が口癖だった和子さん。志村さんもそれが心残りだと語っています。

志村さんが和子さんと一緒にテレビに出ているのを観たことがあります。志村さんは三人兄弟の末っ子だったということでとても甘えん坊の顔を見せていました。

お母さんに向ける笑顔が優しくて、とても印象に残っています。「結婚どうすんだ?」が口癖だった和子さん。その夢は叶いませんでしたが、立派に育てた息子は誇りだったでしょう。

「母ちゃん有難う御座います 私を産んでくれて有難う 天国からまだまだ応援 見守って下さい」そうブログに書いた志村さん。

いつまでも和子さんとの思い出が胸の中で生き続けることでしょう。

この記事を書いたユーザー

うー このユーザーの他の記事を見る

東京が好きで、昭和が好きで、古い日本のドラマも好きで、カフェが好き。
忘れられかけている遠い記憶のことを掘り起こしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス