『アイアンマン』(2008年)、『インクレディブル・ハルク』(2008年)、『アイアンマン2』(2010年)、『マイティ・ソー』(2011年)、『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011年)など、マーベルのヒーローたちが集結してアクションを繰り広げる、2012年に公開されたヒーロー映画『アベンジャーズ』

そんな『アベンジャーズ』の日本版は以前にもご紹介したことがありますが、今度はアニメ縛りの日本版『アベンジャーズ』が話題になっていました。

趣味でイラストレーターをやっているという、Twitterユーザーの「ヒョーゴノスケ」さん(@hyogonosuke)が投稿したツイートをご覧ください。

こんなアベンジャーズ…どんなアベンジャーズ?

こんなアベンジャーズ!

出典 https://twitter.com

これは豪華だ…。

『忍者ハットリくん』、『ドラえもん』、『鉄腕アトム』、『オバケのQ太郎』、『エスパー魔美』、『怪物くん』、『パーマン』など、日本のアニメの主人公たちが終結していますね。

6人の藤子キャラに加え、手塚治虫先生の鉄腕アトムという豪華なメンバーで描かれた、日本アニメのアベンジャーズ!これは心躍らずにはいられませんね。

Twitterでも話題になっていました

ですよねー!

分かります。

面白そうです。

(確信)

最強…。

それも見たいですね。

たしかに(笑)ドラえもん最強説。

その意見多そうですね。

しかし…

実はこのイラスト、それだけではなかったんです!

『忍者ハットリくん』、『ドラえもん』、『鉄腕アトム』、『オバケのQ太郎』、『エスパー魔美』、『怪物くん』、『パーマン』以外にも実はあと6人もキャラクターが隠れていました!

6人も!?そう6人です。

出典 https://twitter.com

一体どこに…

あ…

出典 https://twitter.com

ここに…

出典 https://twitter.com

いた!!

そうなんです!

なんと、赤塚キャラの『おそ松くん』たち(おそ松、カラ松、チョロ松、一松、十四松、トド松)が隠れていました!

最近ドラマ化されて話題ですからね。

でもこれは…戦闘力的にはどうなんだろうか…?

…とまぁ、こんなにも心躍らせてくれる「日本版アニメのアベンジャーズ」!

これは是非映画化されることを心待ちにしていましょう!

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス