寒かったりお天気が悪かったりで、室内遊びが多くなるこの季節。今日はどうやって遊ばせようかと考えてしまう日もあると思います。そんな時に大人がちょっと手伝えば小さなお子さんでも楽しめるクラフトアイディアをまとめてみました。

今回はちょうどクリスマスの時期に差し掛かるので、トナカイのクラフトです。グルグル動く貼付けタイプの目や赤い鼻用のポンポンは、無ければ画用紙に書いて貼付けても可愛いですよ!

1. マフィン用のグラシン紙で*手作りカードにも

出典 http://loveandmarriageblog.com

用意するもの:
 マフィン用グラシン紙
 台紙(画用紙など少ししっかりしたもの)
 ぬいぐるみ用の動眼(貼付けタイプ)
 赤い画用紙(鼻用に丸く切りとる)
 マジック(角を描くため)
 木工用ボンド

しっかりしたマフィンカップではなくパーチメント紙のものを使います。無漂白のベージュのものがあればそのまま使えますが、白や無地しかなければ少しだけコーヒーや紅茶で染めてみてください。乾かすとまた違う風合いが出ます。
ミニマフィン紙なら手作りクリスマスカードにもぴったり。

出典 http://loveandmarriageblog.com

お子さんは手元が決まらずに一定の場所に貼付けられませんが、それがまた愛嬌のある表情になって可愛いのです♫

2. ミニ素焼き鉢でトナカイ・ベル

出典 http://firefliesandfamily.blogspot.com

用意するもの
 ミニ素焼き鉢 1.5号(外径4.9cmx高さ4.1cm)
 クラフト用の鈴(素焼き鉢に入る大きさ)
 クラフト用モール(茶色)
 ぬいぐるみ用動眼
 赤い鼻用のポンポン
 赤系のリボン(オーナメントにする場合)
 木工用ボンド

出典 http://firefliesandfamily.blogspot.com

鈴にモールを通して一ひねりし、素焼き鉢の穴から通して木工用ボンドで固定します。リボンを通してオーナメントにしたい場合、ここでは穴に通して中で結ぶようになっていますが、モールと一緒に鈴に通したほうが抜ける心配がなくて良いようです。

3. 紙皿&手形でトナカイ・ウォールアート

出典 http://www.education.com

用意するもの
 紙皿2種類(大&中)
 茶色の画用紙(耳と角用)
 ぬいぐるみ用の動眼
 赤鼻用のポンポン
 茶色の絵の具
 木工用ボンド

アメリカではコーティングのない、ペラペラの安い紙皿が大量売りされていて、クラフト材料としてよく使われますが、そういうものが無ければ耳と角用に用意する茶色の画用紙を丸く切るだけで大丈夫です。

一番大事なのは、お子さんの手形を写して切り取ったものを角として使うこと。その年に作ったものとして記念になりますし、何年かたって出してみると「こんなに小さな手だったんだ〜」とビックリさせられます。

4. 手形プリントでオーナメント

出典 http://buggyandbuddy.com

用意するもの
 画用紙(白&好きな色)
 茶色の絵の具(アクリルでも水彩でも)
 油性マジック(黒、赤、金色。金色は無くても可)
 穴あけパンチ
 赤系のリボン
 のり

紙に押した手形がそのままトナカイさんに!
これは本当に記念になりますね。

出典 http://buggyandbuddy.com

まず、いくつ作るか先に決めておきます。子供が絵の具のついた手であちこち触らないように一気に済ませ、すぐに手洗いです!両手でやれば「向かい合ったトナカイさん」になりますが、ここは親の都合で、絵の具をつけるのは片手だけで。

出典 http://buggyandbuddy.com

乾いたら目や角、ひづめ、尻尾を描き、赤鼻をつけます。うちはポンポンなんて無かったので赤鼻もマジックで描きました。金色マジックが無ければ角も尻尾も黒で代用します。

あとはフリーハンドで1〜2センチ余白を残して切り取り、色画用紙と重ねて、それより1まわり大きめの形を切って張り合わせます。パンチ穴をあけてリボンを通せば完成です。

5. 応用編*親子合作でトナカイ手形アート

出典 http://artuks.com

用意するもの
 白い画用紙
 茶色の絵の具
 ぬいぐるみ用の動眼(無ければ画用紙で作っても描いても)
 赤鼻用ポンポン(無ければ色紙を丸く切っても)
 木工用ボンド

小さなサイズのお子さんの手形が頭、大人の大きな手形が身体と足部分になります。
頭と胴体のコントラストを際立たせたい時は、お父さんの大きな手でやってみてください。

6. 王冠でトナカイ・オーナメント

出典 http://www.thecountrychiccottage.net

用意するもの
 王冠
 ぬいぐるみ用の動眼(無ければ描いて作っても)
 赤いボタン(無ければシールや折り紙を丸く切る)
 赤いリボン
 角用の小さな小枝
 木工用ボンド

廃品利用なのに、こんなに可愛い♪
角には公園で拾って来た小さな小さな枝を使ったり、食べた後のブドウの房の枝を使うのもサイズ的にちょうどいいそうです。

7. 卵の紙パックでトナカイ

出典 http://www.craftymorning.com

用意するもの
 卵の紙パック(1個ずつ切り離す)
 角&耳用の茶色の画用紙
 茶色の絵の具(パックを塗るため)
 ぬいぐるみ用の動眼
 赤鼻用のポンポン
 木工用ボンド

これはお子さんが小さければ、パックを塗って角と耳を切り取るところは大人が用意してあげたほうがいいと思います。たくさん作って並べるとすごく可愛いです。

8. 応用編*紙パックでサンタクロースのトナカイ橇

出典 http://www.wellnourishednest.com

用意するもの
 卵の紙パック
 茶色の画用紙(丸く切って顔用)
 ぬいぐるみ用の動眼
 赤鼻用のポンポン
 茶色のモール(角用)
 クラフト用の針金
 赤いフエルト(座席用)
 木工用ボンド

小学生ぐらいのお子さん向けに。針金は無くてもいいですが、あるとより橇っぽく見えます。1ダース用の紙パックのうち、トナカイの顔を付けるのは端から4列目まで。サンタクロースの橇は8頭だてだからです。トナカイの名前、ご存知ですか?

9. 上級者編*釘と糸でアートフレーム

出典 http://www.cleanandscentsible.com

用意するもの
 木の板(ここではA4サイズを使っています)
 丸クギ(八幡ねじ 真中 釘 10mm〜19mmのもの)
 ペンチ(釘を打つ時に固定するため)
 刺繍糸(好きな色)
 好きなトナカイの絵(型紙としてプリントして切り抜く)

ちょっと上級編、小学生ぐらいのお子さん以上向けのクラフトです。手順としては、好きな絵を切り抜いて板の上に乗せ、輪郭通りに均等に釘をうち、刺繍糸を適当に釘に引っ掛けて中を埋めていきます。輪郭だけはハッキリきれいに見えなければなりませんが、中を埋める時にはなるべく適当なほうが味が出ます。

ここで使っている木の板は廃材をカットしたものですが、サイズも色も好みのもので構いません。デザインもトナカイに限らず、クリスマスツリーの形にして色とりどりのビーズを貼付けても素敵ですね。

また、ここでは刺繍糸を6本取りのまま使っていますが、光沢があって強いということならばリリアン糸も使えます。またタコ糸など生成りの糸を使えば自然派の北欧風になって、それも素敵です。

では、少しだけ注意点です。

出典 http://www.cleanandscentsible.com

釘打ちは、この作者はかなり細かくやっていますが、途中から「ここまで細かくしなくても大丈夫」と気付いたそうです。シャープな線や角は細かくしたほうがいいですが、なだらかな線はこの1つ飛び、または2つ飛びぐらいでも軽妙さが出て良いと思ったとのことです。

出典 http://www.cleanandscentsible.com

最初は手で支えて釘打ちをしていましたが、ペンチを使えば高さが均等に保てて綺麗に見えることに気付いたそうです。またペンチを使えば、細かい作業でウッカリ指を叩いてしまうこともありません。

出典 http://www.cleanandscentsible.com

アウトラインに糸を渡す時には、行き来させて何度かに分けて輪郭を作っていくのが立体感が出ていいそうです。

これ、子供と一緒じゃなくても作ってみたいですよね(*^_^*)

10. 簡単トナカイ封筒*クリスマスパーティーのご招待に

出典 http://www.imujer.com

用意するもの
 カード用の封筒
 色画用紙(茶、赤、ブルー、白)
 厚紙(角の型紙用)
 のり

郵送は出来ませんが、手渡しのクリスマスカードやパーティーの招待状に。

出典 http://www.imujer.com

こんなので招待されたら、絶対に行きたくなっちゃいますよね♡

スペイン語のサイトが1つだけ入っていますが、他の9種類はアメリカ育ちのうちの子供達も保育園や幼稚園で作って来たようなクラフト達です。多少ゆがんで変になっても形にならなくても、子供が自分の手で作り上げたことが大切で、きっちりと材料を用意するというよりは身の回りにあるものを使って楽しく作ります。

絵の具など使うと汚れがちですが、年月がたってから見ると、特に手形を使ったものは懐かしさで心が一杯になります。パパ&ママのトナカイ、お子さん達、赤ちゃんのトナカイなど、どうぞご家族で一緒に作ってみて下さい。

この記事を書いたユーザー

Eko このユーザーの他の記事を見る

米シアトル在住、「地球の歩き方」特派員です。
http://tokuhain.arukikata.co.jp/seattle/
新記事をアップするとツイッターでつぶやきます。
https://twitter.com/EkoNay7789
たくさんのステキを共有できたらと思っています。気に入った記事がありましたらぜひ教えて下さい。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス