記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
「雪目(ゆきめ)」という目の病気を聞いたことはありますか? スキーやスノーボードをやっている人は聞いたことがあるのではないでしょうか。 これからの季節、たくさんのかたが「ウインタースポーツを楽しむために、ゲレンデへでかけよう!」とワクワクしているでしょう。ぜひ雪目について知り、その予防法を覚えておいて下さい。

今回は雪目について医師に詳しい話をきいてみました。

「雪目」って何!?

白い雪は太陽の光を反射しやすく、雪の中にいると非常に多くの紫外線を浴びている状態になります。例えば、スキー場に行った後「スキー焼け」とよばれる日焼けをしていた、という経験ありませんか?

このような日焼けの状態は、眼球にも起きています雪に囲まれ、大量の太陽の光や紫外線に受けることによって生じる、目のかすみや見えにくさ、痛みといった症状を、雪目といいます。

雪目は「光誘発角膜炎」ともいいます。光が原因で目の表面にある角膜に炎症が起きます。長時間強い光や紫外線に裸眼のままさらされることによって、点々と角膜に傷がついてしまうのです。黒目にあたる角膜の部分は感覚の敏感な部位ですので、目の強い痛みを感じたり、視野がぼやけたり、視力が一時的に落ちてしまう、といった目の症状があらわれます。

「雪目」になってしまったら…?(治療法)

雪目になったら一度は眼科医に受診し、傷の程度を検査することが必要です。治療は原則として、目を安静にし、自然治癒を待つということになります。

・目薬の使用
目の炎症を抑えるため、目を潤す点眼薬を使用します。ビタミン配合をしたものがいいでしょう。

・抗生剤の使用
傷ついた角膜がばい菌に感染しないように傷の具合によっては予防的に、抗生剤を使用することもあります。

雪目は慢性化することもある病気なので、治りかけてすぐに長時間光を浴びたりぜず、目をしっかり休めることが大切です。

雪山では必ず目を守って!(予防法)

海で浴びる3倍もの反射率で、雪山は紫外線を反射します。そのために、何よりしっかりとした予防が非常に大切です。 晴れたゲレンデは気持ちがよいのでついつい、顔を出したくなりますが、サングラス、あるいは動きの多いスポーツをするのであればゴーグルをつけて、紫外線などの強い光から大切な目を守ってあげましょう。

【医師からのアドバイス】

紫外線といえば夏の海の印象が強いですが、実際は冬の雪山の方がより注意しなくてはならないのです。今回は目について述べましたが、皮膚についても同様です。雪に囲まれた中では、やけどや皮膚炎などにも注意しましょう。

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス