記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
栄養障害とは栄養素のバランスが崩れた状態のこと。栄養素が不足していることが多いですが、多すぎるのも栄養障害なんです!

今回は栄養障害について、医師に詳しい話を聞いてきました。

栄養障害、どうしてなるの? どんな症状があるの?

【栄養障害の主な原因】
・高齢者、脳血管障害後で麻痺がある
・癌や免疫の異常、病気、胃や小腸の手術の影響で栄養素が吸収されなかったり、消費され過ぎる
・偏食
・サプリメント等で特定の栄養素を取りすぎている

【栄養障害の症状の例】
症状は、不足や過多である栄養素によって異なりますが、一番多いのはタンパク質不足です。

1. タンパク質不足
・体重減少
・むくみ
・床擦れ等の傷の治りがよくない
・免疫の機能が落ちて感染症になりやすく治りにくい

2. ビタミン不足
・肌荒れ
・血が止まりにくい
・あざができやすい

3. 亜鉛が不足
・湿疹や脱毛
・味がわからなくなる

4. カルシウムが不足
・骨が脆くなる

5. 鉄分が不足
・貧血

栄養障害の改善と予防法

【予防法】
病気や手術後でなければ、バランスの取れた食事をしている限り栄養障害になることはありません。サプリメントや健康食品を取る場合は、特定の栄養素だけを過剰に補給しないように注意して下さい。

【改善】
栄養障害を改善するには、不足している栄養素をサプリメント等で補うことが必要ですが、不足している栄養素だけを補うと、かえって不足している栄養素が過剰になったり、他の栄養素が不足することがあります。バランスの取れた食事に、不足している栄養素を補給するというバランスが大切です。

【栄養の補給方法】
1. 点滴
栄養の補給方法としては点滴による方法がいいと思いがちですが、緊急時や一時的に使うのではなく、長期的に行う場合は多くの問題を起こします。
・静脈から高いカロリーの補給を行うと静脈が炎症を起こすので行うことができません。
・一時的であれば末梢の静脈からの補給が可能ですが、2週間以上の場合はより太い静脈からの補給が必要となります。

2. カテーテル
種々の病気や手術のために口から栄養をとれない場合など、短期であればいい方法ですが、腸を長期間使わないと腸内の細菌が異常に増えたり、微量元素が吸収しにくくなります。最近では、なるべく腸から栄養を補給することが大切であることがわかってきています。

【医師からのアドバイス】

病院では栄養障害に対して医師だけでなく看護師、栄養士、薬剤師等がチームを組んで治療にあたるようになっています(栄養サポートチームNST)。このチームの働きによって栄養障害の治療と予防が進み、入院期間が短縮され、医療費が減り、再入院が減るようになりつつあります。

また、偏食による栄養障害は外食やインスタント食品の多用によって身近なものとなっていますので、気をつけたいですね。

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス