うのたろうです。
「ががばば」って、ご存じですか?
ヤフーの検索窓にこのワードをいれると世にも奇妙な現象が起こるというお話しです。
いったいこれはどういうことなのでしょうか?

実際に試してみましたのでごらんください……

結論からいえば「ががばば」は世にも奇妙な物語のプロモーションです。
タネがわかれば……

怖いわっ。

まあ、どんな感じになったのかといいますと……

「ががばば」とヤフーの検索窓にいれると……

出典photo by うのたろう

警告文が登場します。
いちおう3択から自分で選ぶことができます。

警告を無視して「続ける」を選ぶと……

出典photo by うのたろう

検索窓の「ががばば」という文字がひとつずつ消去され、代わりに赤い文字があらわれます……

にげてにげてにげてにげて……

出典photo by うのたろう

「にげてにげてにげてにげて……」

赤い文字で延々と文字が勝手に打たれます。碇シンジもびっくりです。
そして……

勝手に検索開始!

出典photo by うのたろう

検索結果は恐ろしいものがずらりとならんでいます。
もちろん、スマホのコントロールはききません。ちらりと見える文字では「女子高生が消息不明」という内容が見てとれます……

そして……

出典photo by うのたろう

画面が、ばーん!
内側からたたかれ、なかに手と女性の影が……

やばいよやばいよ……

出典photo by うのたろう

出川のてっちゃんもびっくりです。
しかし、そこで映像が終わりどこかできいたことのある決めぜりふが浮かびあがり……

そして……

出典photo by うのたろう

ここでようやく番組のプロモーションだと気づくわけです。

ほっ……

……と、したのもつかのま

出典photo by うのたろう

ちゃっかりと検索窓に「世にも奇妙な物語」というワードがいれられています。
そんなワードいれた覚え、まったくないのに……

先ほどの怪奇現象も怖いけれど、こういう人間のすることこそが本当は一番こわ……って、そういううまいこといおうとすると、すべる感じになるので控えます。

まとめ

この「ががばば」。
以前のバージョンは検索をかけると「にげて……」の部分が「たすけてたすけてたすけて……」という言葉だったのですが、2015年11月21日から現在の「にげて……」というものに変更されたようです。

「続ががばば」というところでしょうか。

この「がばばば」の検索はtwitterなどでも爆発的な人気ワードになり、たくさんの人がためしていたようです。

そして……

まあ、びびびます。
みんなびびります。

ちなみに。
「ががばば」という検索はヤフーのみ有効です。
グーグルなどでこの検索をしてもなにも起こりません。また、スマホで検索してもおなじ結果になりますので、いつでもどこでも試すことができます(って、ためしたくねーよっ、怖いもん)。

と。
まあ。
ホラーだけれど、ちょっぴり心ひかれる検索ワード「ががばば」。

2015年11月28日の世にも奇妙な物語放送までの期間限定かもしれませんので、ぜひ勇気をだして試してみてはいかがでしょうか?

いちおう、新設設計(?)として、警告文には「このまま続ける」か「無音で続ける」か「やめる」かという選択肢があたえられています。

やめた場合は、なにも起こりません。
無音で続けた場合は、映像はでますが音がでないので、少しは怖さもごまかせます。

しかし。
このまま続けるを選んだ場合は……

自己責任で。

ふふふのふ。
うのたもり……じゃなかった。
うのたろうでした。

この記事を書いたユーザー

うのたろう このユーザーの他の記事を見る

Spotlight公式ライター/プラチナユーザー。ライターしたり小説書いたりしています。ライターのお仕事は随時受け付け中です。サンプル文章はこちらにもあります。http://unotarou.com/
きてくれた、すべての人を、愛しています。
【twitter】@unotarou

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス