記事提供:長谷川豊 公式ブログ

前回のエントリーに対して、多数の賛否のご意見をいただきました。

現状で言いますと、Facebookのプロフィール写真をトリコロール色に染めた行為は、

1. 偽善
2. 無知

のどちらかである、と断じた私の意見に対して、賛成・同意の意見の方が少々多いようですが、そもそも批判的な意見の場合、読まなければそれでいいわけで、潜在的な否定的見解の方はきっと把握しているよりもはるかに多いはずです。

なので、実態は賛否が同数くらいになるのでしょうか…。

さて、私の意見に対して否定的な方のご意見の中で代表的なものが…

今回のムーブメントはあくまでも連帯がキーワードです。自己満足でもいいのです。テロは憎むべきものであり他人事ではなくすぐそこまで忍び寄っている危機なのです。

これは確かに戦争です。フランス対ISISではなくイスラム圏対文明社会の戦争です。日本人も当事者です。

というタイプの意見だと思うのですが、このような意見の皆さんに申し上げたいことがあります。

余りに「短慮(たんりょ)」です。もっと突っ込んで「考えないと」いけません。

テレビでもお決まりのように、な~んも考えていないバカキャスターやアホコメンテーターが連呼する「テロは許せませんね~」という言葉。

それ自体が間違っていないように見えて、全く「本質を掴めていない言葉」だということを自覚しなければいけません。

人が人の命を奪うことは「全部だめ」なのです。

テロもダメ。戦争もダメ。当然です。それと同じように、殺人だってダメだし、飲酒して人をひき殺すのもダメなのです。ニュースになろうが、全くニュースとして扱われなかろうが、全部ダメです。

アナウンサーなので気になってしまうのですが、

「は」

の使い方が間違っているのです。「テロ『は』ダメ」。違いますから。「人が人の命を奪うことは『全部が』ダメ」なのです。

では、そんな悲劇が起きたときに次に何をしなければいけないのか、それは

「かわいそう~と言いながら同情する」

ことでも

「手を合わせて『祈り』をささげましょう~」

でも全くありません。そんなこと、一体何の解決につながるというのでしょう。言うまでもなくFacebookをペイントすることではありません。悲しんでいる暇があるのであれば、やらなければいけないことは

分析

です。「ダメなこと」が起きたのです。ならば残された我々がすべきことは「次の悲劇を減らすこと」です。犠牲となった人々への、それが追悼なのです。

私は、フランスで起きたテロと、戦前の日本の立場、置かれた状況にある共通点があると考えています。

しかし、それを語るには、あまりにも長い文章が必要ですし、そもそも、明日は大阪で大切なW選挙が行われています。

選挙結果を受けてコラムを書き、またその後、今週中にでも時間がありそうでしたら、今日の続きを書きたいと思います。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス