最近は増えている子連れでのライブ♪

Licensed by gettyimages ®

好きなアーティストのライブは、ストレス発散になり、嫌なことを忘れて楽しめる場ですよね♪両親が好きなアーティストなら、子供も一緒に曲を聴いて、家族で好きになる♪という事も多いのではないでしょうか?

ライブに子連れで参戦したり、預ける人がいなくて仕方なく・・というケースもあるでしょう。

そんな子連れのライブで問題になっている点があるのです!

途中で飽きてしまう。

Licensed by gettyimages ®

長丁場となるライブは、途中で飽きてしまったり、愚図ってしまったり、時には周囲に迷惑をかけてしまう事も、大人が楽しめなくなってしまう事もあるのです。

おかあさんといっしょのような子供が楽しめるコンサートは、大体30分くらいと、時間が短いですよね。

デメリットがあることは、もちろんですが、子供に悪影響となることがありますので、ライブへ連れていく前に確認をするようにしましょう!

大きな音が原因で、難聴になるケースがあるのです!

Licensed by gettyimages ®

子供はまだ発達途中の為、ライブで大きな音を聴くと、大人でもなる可能性のある”音響外傷”になる可能性が高いのです。難聴や耳鳴りなどを起こす耳の疾患になるという症状なのです。その為、子供のライブに対しては、賛否両論が言われているのです。

強力な音波によって内耳の蝸牛が障害を受け難聴などが生じる聴覚機構の損傷を受けることである。なお、長期に渡って騒音に曝され続けると、騒音性難聴となるが、これも音響外傷の1種である。騒音性難聴というのは、慢性的な音響外傷とも説明されており、騒音が原因となって起こった音の聴取の可否に関する閾値の上昇(聴力の低下)が、たとえ一部の周波数であっても、正常聴力と比べて21dB以上上昇したまま回復しない状態のことを言う。音響外傷は、強い音が原因なので、そのような音を避けることが肝要となる。

出典 https://ja.wikipedia.org

Twitter上でも話題になっています。

心配の声が多く、チケットにも「耳栓の使用をお勧めします」というような記載がされているライブも多いのですが、細かい部分までは見ていない人が多く、いまいち子供に耳栓の周知がないのが現実なのです。

大音量の場には必ず耳栓を用意しましょう!

Licensed by gettyimages ®

耳栓なら500円以内で購入することが出来ますので、ライブの際には事前に用意しておくようにしましょう。特に、スピーカーの近くの席は要注意です!!

イヤーマフも販売されています!

Licensed by gettyimages ®

耳栓をするのが嫌だというお子さんには、イヤホンのようなイヤーマフも販売されています。つけるのも簡単なので便利に使用することが出来ますね♪

大人でも耳栓効果に違いが感じられるのです!!

大人でさえ、耳栓効果を実感することが出来るのですから、子供はもっと感じられることでしょう。耳に異変が起こってしまっても、子供は気づかない場合もありますので、出来る限り防いであげられることのも、親の役目でしょう。

耳栓をつけるのが失礼に当たるのではないか・・と思っている人もいるかもしれませんが、自分の体の方が大切なので、ライブの予定があるという人は耳栓を用意しておくことをおすすめします♪

こちらの記事もおすすめです♪

この記事を書いたユーザー

nano このユーザーの他の記事を見る

話題作りが出来るような新鮮な情報を発信していきます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス