口の中には300~500種類の菌がいます。
虫歯菌もこの中に含まれます。また、虫歯菌とは別に歯周病菌と言う菌もいます。

便1g当たりの菌と歯垢1g当たりの菌ではどちらが多いと思いますか?

便1g当たりの菌は100億から1000億です。
これに対して、歯垢には1gあたり1000億もの菌がいます

体の中で最も菌の濃度が高いのが、歯垢です

歯周病は30歳代で8割の人がかかります

歯周病は歯周病菌によっておきる病気で、30歳代で8割の人が歯周病にかかっています。

歯周病はならない人の方が少ないので、軽視されがちですが、ひどくなると歯が抜けることもあります


歯だけの問題ではなく、全身に影響が・・・

歯周病は、歯だけの問題ではなく、全身にも影響を及ぼします。

歯周病菌が血管内に入ると動脈硬化を起こし心筋梗塞の原因となることもあります。
誤嚥(誤って食べ物や唾液が食道ではなく、気管に入ること)によって気管から肺に歯周病菌が入ると、肺炎を起こすこともあります。

糖尿病がある人は、体内に入った歯周病菌の影響でインスリンの働きが悪くなり、糖尿病が悪化してしまいます。
そして、糖尿病の人は細菌に対する抵抗力が弱くなりやすく、歯周病が進行しやすいという面もあり、負のサイクルに陥りやすいのです。

妊婦さんも要注意

女性ホルモンを栄養にして増える歯周病菌もいます

そのため、女性ホルモンの分泌が増える妊娠中は、歯肉が腫れやすくなります。
また、歯周病は早産や低体重児出産のリスクも高まるという報告もあります。

予防は、やはり歯磨き

予防は、やはり日々の歯磨きが基本です。

つわりで歯磨き粉が無理、という人は、歯磨き粉はつけなくてOKです。歯ブラシでていねいに磨いた方がきれいに磨けることも多々あります。

歯磨き粉をたくさんつけると口の中がスッキリして磨いた気分になったり、歯磨き粉が少し泡立ってきたらそれで十分に磨いた気分になってしまいます。
歯磨き粉は少しでOKというのが、多くの歯科医の見解です。

また、定期的に歯科検診を受け、歯石を取ってもらうなどのケアも大切です。

おさらい

*便1g当たりの菌よりも歯垢1gの菌の方が多い。

*30歳代で8割の人が歯周病にかかるが、軽視すると歯が抜けてしまうことも。

*歯周病は歯だけの問題ではなく、全身にも影響を及ぼす。

*歯周病菌が血管に入れば動脈硬化に→心筋梗塞などを引き起こす。
*歯周病菌が誤嚥によって肺に入れば肺炎に。

*歯周病は、糖尿病を悪化させる。そして糖尿病の人は歯周病になりやすい。

*女性ホルモンを栄養にする歯周病菌もある。→妊婦さんはしっかりと歯磨きを!


口の中がお尻の周りよりも汚いと知ったら、もう歯磨きをサボる回数もぐっと減るでしょう。

まだ歯を磨いていない人は、さっそく洗面所へ行って磨いて下さいね。

この記事を書いたユーザー

不死身のひみこ このユーザーの他の記事を見る

患者からの目線と元医療従事者としての目線とで、医療や健康に関する記事をメインに書いています。
4度の手術に膠原病でバツイチで・・・と波乱万丈の人生ですが、”人生に喜びや笑いを添付したら結果は出るはず!”という「喜笑添結」で毎日を過ごしています。

得意ジャンル
  • 育児
  • 暮らし
  • 美容、健康
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス