WHO(世界保健機関)の調査では

Licensed by gettyimages ®

世界では40秒に1人が自らの命を絶っていて、その数毎年80万人以上といわれています。世界の自殺の理由の75%が、低中所得国で起こっているとのこと。貧困が人々を絶望に導くのはいかに容易いかということがその数値からもわかります。

各国で自殺は死因の10位以内に入るそう。日本では自殺率のピークは90年代でしたが、2000年からの10年間は6.3%に減少したということも判明しています。それでも日本は、WHOのリサーチによれば世界で「自殺の多い国」の第10位として挙げられています。

近年では高齢者の自殺が増加傾向

Licensed by gettyimages ®

2014年のWHOの調査では、70歳以上の高齢者の自殺率が最も多く、次に15歳から29歳の若者の自殺率が世界で増加しているそうです。また、裕福な国であっても男性の自殺率は女性のそれよりも3倍も多く、特に50代以上の中高年の男性が自殺をしているということもわかっています。

理由はうつ病やアルコール依存症などの精神疾患、金銭問題、人間関係、病気などですが、WHOでは「自殺のほとんどは防ぐことのできる社会問題」とコメントしています。

1人が自殺することで周りが大きな影響を受ける

Licensed by gettyimages ®

1件の自殺が起こると、その衝撃は少なくとも周りの6人の精神面に大きく影響を与えるといわれるほど、自殺による社会的影響は大きく、また自殺者の家族や友人などの心理的影響は計り知れないものがあるでしょう。

学校や職場など、人が多くいる場所での自殺は数百人に影響を及ぼします。そして周りの人がPTSD(心的外傷後ストレス障害)に陥ったりするようになるのです。過度の心理的圧迫によって、自殺を目撃した人などはうつ病になりやすくその人自身も自殺に追い込んでしまうという事態を生じることもあるのです。

では自殺を図り生き残った人の思いとは

Licensed by gettyimages ®

自殺を図ろうとしている人の気持ちは、亡くなってしまえば遺書が無い限り誰にもわからないことでしょう。でも、自殺を図ろうとして助かった人は何人もいるのです。そんな人達は「最後の瞬間」にどんなことを思うのでしょうか。

「これからの自殺に情けなさを感じた」

Licensed by gettyimages ®

海外版2ちゃんねるのRedditでは、「自殺を図ろうとして助かった人」たちの気持ちが投稿されていました。ある人は「これから自殺するのか。なんだか情けないな。」と思ったそう。そして失敗に終わると、「自分で自分の命を絶つことさえもできないのか」と思ったと話しています。

またある人は「橋の上から飛び降りる前、自分ががっかりさせてしまった人達のことを考えた。特に両親のこと。」とコメント。そして飛び降りた瞬間後悔したそうです。奇跡的に助かって、自分が生きているということを周りの人が本当に喜んでくれているのは有難いことだとも言っています。

「生きなきゃ!」と思う気持ちが「死にたい」気持ちに勝った

Licensed by gettyimages ®

大量に薬を飲んで自殺を図ろうとした人は、薬を飲んだ瞬間に「生きなきゃ」と強く思ったそう。そして病院へ行かなきゃとも。自分の中で「死にたい」と思っていた気持ちよりも、瞬間の「生きたい」という気持ちが衝動的な自殺行為で明らかになったそうです。

「自分を虐めた奴らに思い知らせてやりたい」

Licensed by gettyimages ®

日本でも虐めにより自殺する子供がいます。大人でも子供でも、虐めによって自殺を考える人は「自分を虐めた奴らに思い知らせてやりたい。」と思う気持ちが強いようです。虐めた人に罪悪感を感じさせるために自分の命を犠牲にする人もいますが、助かった人からは「虐めを見たら絶対に止めてほしい」と訴えています。

他には、「やっと死ぬんだ」と思い銃の引き金を引いて自殺を図ろうとしたけど不発に起わって気が抜けてしまったというコメントや、首を吊ろうとして咄嗟に残す母親のことを考えて、実際に椅子を蹴った時に苦し過ぎたので「死ぬのは嫌だ」と思った人も。でもそれ以降、母親との関係は良好になったそう。

やはり、命が助かればいいこともあるのです。何かに絶望して自らの命を絶とうと決心する人は世界に多く存在します。自殺を図ろうとする人の中には「死にたくないけど痛みを終わらせたい」という気持ちで死を選ぶ人もいます。それでも失敗して助かった人、間際に「やっぱり死にたくない」と考え直した人もいるのです。

そういう人は、結果的に生きるチャンスを2回与えられたのです。そしてもっと「生きている」ことに喜びを感じるようになる人もいるでしょう。人はみな完璧ではありません。だから人生において大きな間違いを犯す場合もあります。それが「自殺」という行為の場合も。

それでも助かったなら、生かされた命を大切にしてほしい。誰しも人生悩む時もあり、死ぬ方が簡単と思う時もあるけれど、周りにあなたを愛してくれる人がいるなら、生きていくことも実はそんなに悪くないのではないでしょうか。自殺を考えている人がいたら、ほんの少しでも希望の光を見つけてほしいと思います。

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス