最近、度々話題になっている「別れさせ屋」。今年の11月にも別れさせ屋に関する裁判がニュースになりました。

別れさせ屋とは、一体どのような事を行うのでしょうか…?

メディアでも話題となった「別れさせ屋」のニュース

11月に「別れさせ屋」に関するトラブルの裁判の判決がおりました。

「別れさせ屋」に依頼をしたのは女性Aさん。「男性Bさんと付き合いたいが、Cさんという彼女がいる!2人を別れさせて!」と着手金90万円を払い契約を結んだ。

これを受け、イケメン風男性の「別れさせ屋」は偶然を装い、彼女と言われたCさんに接触。巧みな手口で連絡先を交換して、デートの約束をするまでこぎつけたという。

ところが、「別れさせ屋」の奮闘もむなしく…そこには驚きの事実があった。そもそも男性と女性Cさんはカップルではなく、付き合ってもいないというのだ。

依頼女性Aさん「付き合ってなかったから『別れさせ屋』は成立してない。お金は払わない!」

出典 http://blog.fujitv.co.jp

今回の裁判の争点となったのは、探偵業者が男女間の交際を終わらせるよう仕掛ける「別れさせ契約」が公序良俗に反しているのか、無効かどうかが争われた控訴審判決でした。

判決などによると、依頼人の女性は昨年9月、好意を寄せる男性の交際相手と考えていた女性を調査対象とする契約を業者と締結。男性工作員が対象女性と連絡先を交換すれば着手金90万円を、別れさせるのに成功した場合には報酬45万円を払う内容だった。

出典 http://www.sankei.com

結局、裁判では「契約が公序良俗違反とはいえない」と判断し、大阪市の業者が求めた報酬など約97万円全額の支払いを依頼人の女性に命じた。

そもそも「別れさせ屋」って何!?

大切な人、絶対に諦めたくない人との将来を応援するのが復縁屋や別れさせ屋の使命です。

出典 http://ac-sodan.info

別れさせ屋とは、ずいぶん昔からある仕事です。 提供しているのは「探偵会社」「興信所」の一部となります。

本来は、浮気調査して証拠を撮ったとしても、 それを旦那に言えないし、旦那の気持ちは戻ってこないし、 離婚したくないという方をお救いしたくて始まった仕事です。 ですから、探偵会社で生まれたサービスでした。

出典 http://xn--48jm9l298kivk3xn9wl.com

このように男女の関係を人為的に清算させるのが一般的に知られている別れさせ屋です。

その存在は知っているけど、本当に実在しているの?

インターネットで検索してみると「別れさせ屋」と堂々と名乗っている企業の公式ホームページも見られます。料金も記載されており、簡単に利用料金が把握できます。

同時に、工作員の求人まで掲載されていたので、ドラマや映画の世界だけというわけでもなく、実在しているようです。

一体どんなことをするの?

別れ工作とは、依頼者の妻を誘惑してホテルに連れ込むなどして、一方的に浮気の証拠を作り、依頼者に有利な離婚をさせる工作のことを言います。

出典 http://www.tantei-tjc.jp

別れさせ屋の仕事に「別れさせ工作」というのがあります。別れさせるための証拠を人為的に工作して、ターゲットを攻めていきます。この工作には下記のようなステップがあります。

ステップ1……下調べ
別れさせ屋は、徹底的にターゲットのことを調べます。男の方に仕掛けた方がいいのか、女の方に仕掛けた方がいいのか……。

ステップ2……接触
皆さんは恋人(配偶者)がいる時に自分の好みの異性と出会ったらどうしますか? 自分の好みの異性が話しかけてきたら、どうしますか?

ステップ3……作られた運命の引力
皆さんの今の恋人(配偶者)や、昔の恋人との出会いの切っ掛けを思い出してください。日時が少しでもずれたら知り合いにもならなかったという出会いはありませんか?

出典 http://ren-ai.jp

やはりターゲットのことを知らないといけません。ターゲットからしてみれば、偶然に出会うわけですから、「運命」と感じてしまうのも仕方ないですよね。

ステップ4……恋仲を壊す
ターゲットが正直に恋人(配偶者)がいることを告白してくるなら、「別れて仕掛け人と一緒になるように仕向けさせる」ことをしたり、ターゲットが隠しているなら、頃合いを見て恋人の前で“偶然出会う”などの修羅場を作るなどして……最終的には別れさせます。

ステップ5……仕上げ
別れた後に1か月ほど付き合い続け、寄りをターゲットが戻すことが無くなったなと判断した後、仕掛け人はターゲットの前から消えます。

出典 http://ren-ai.jp

元探偵が明かす「別れさせ工作」の実態

まずニュースでは各メディアで「別れさせ屋」と連呼していましたが、これは某社さんの登録商標ですから、一般名詞のように報道するのは間違いです。業界では「別れさせ工作」と呼び、特殊工作の中の1カテゴリという扱いをしています。

出典 http://news.livedoor.com

実は「別れさせ屋」というのは商標登録されているんですね…。業界の人々は「別れさせ工作」というふうに呼称しています。また、別れさせ工作を行う業者の業務は別れさせだけではありません。

【特殊工作の例】
・別れさせ工作
・縁結び、復縁工作
・辞めさせ工作
・復讐工作
・スパイ工作

出典 http://news.livedoor.com

このような業務を行っているのですが、驚くのが縁結びや復縁工作も行っているということです。ただメディアでは別れさせ工作ばかりがフォーカスされていますね。

工作員は必ずしも美男美女とは限らない!?

ターゲットに接近する工作員は、美男美女というイメージですが、実際はそうでもないようです…。元別れさせ屋だったというこちらの方のブログには、このよう綴られていました。

「お前の彼氏(彼女)はそんな美人(美男子)が声かけたらおかしいだろ」っていうケースの方が多いわけで…

だって、依頼人にしてもその相手にしてもみんな美形だったらそれはいいのかもしれませんが「普通」レベルの人にすっごい美形なのが近づくって方が逆に怪しいんだって

バリエーションの一つとして、美人がいるのはいいんだけど、美人ばっかです!とか現実的に、変だもん。

実際、既に私より前に寿退社で辞めてしまった超・凄腕工作員がいたのですが(なんと
接触、連絡先交換などの成功率100%)見た目はぜんっぜん普通。

出典 http://renaiyouhou.seesaa.net

見た目が普通のほうが怪しまれない…という点は納得です。

もし別れさせ工作を依頼するなら、いくらかかるの…?

話題になっている「別れさせ屋」ですが、気になるのは料金ですよね。別れさせ工作を行っている業者のホームページには料金も記載されています。しかし実際に依頼するとどうなるのでしょうか?

ほとんどの業者は、期間と難易度によっていくらとしている、パック料金でした。期間は、上記の工作を考えると、最低でも2カ月は必要ですよね。

2カ月のパックだと、50万円~200万円くらい。100万円くらいのところが、一番多かったです。

出典 http://ameblo.jp

「諸経費」「成功報酬」で費用構成されます。 諸経費とは、日々の作業(調査や工作)に必要なお金となります。 成功報酬とは、お客様の目的(復縁など)が叶った時に必要なお金となります。

出典 http://ac-sodan.info

別れさせ工作には複数のステップが存在しているように、数ヶ月の期間を要します。仕掛け人の拘束時間は3か月以上にも及び、下調べにもお金がかかるので莫大な費用が必要になっていきます。

メディアで取り上げられると大変な話題になる「別れさせ屋」。男女の関係が人為的な工作により解消されてしまうのはなんだかなぁと思ってしまいますね。

依頼するにも莫大な費用がかかるので簡単に決断できるものでもありません。良いか悪いかの論争はありますが、需要があることも事実なようです…。

この記事を書いたユーザー

白うさぎ このユーザーの他の記事を見る

芸能ニュース、芸能ゴシップ好きの33歳女性。ブログをお休みして、最近はSpotlightでの執筆にハマる日々です。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス