100年ほど前にヨーロッパで大流行した『パーテルノステル (paternoster) 』と呼ばれるエレベーター。これが、常識を遥かに逸脱した…恐ろしすぎるエレベーターだったので紹介したいと思います。

デンマークの首都、コペンハーゲンにある…とある施設で撮影されたこの動画。一見、エレベーターのようには見えませんが、それもそのはず!

なんと、この『パーテルノステル』。あるべきはずの“扉”がないうえに…

止まることなく、動き続けるという…鬼仕様のエレベーターなんです。

ちなみに、左側が↑に行くエレベーター。右側が↓に行くエレベーターなのですが…

ここぞというタイミングで飛び乗らなければ、一生乗ることが出来ないこの『パーテルノステル』。左側の男女はいとも簡単に乗っていますが、これ、初めて乗る人は、相当の恐怖を感じるに違いありません。

また、エレベーターの足元にある恐怖の空間。更に、むき出しのコンクリートが恐怖心を煽るのですが…

これまた、簡単に飛び降りる人々。

私なら、一生乗れないような気がしてなりません。

なお、パーテルノステルの中は…

このように、機械部が顕となっており…

手を伸ばせば、重要なパーツが掴めそうな勢い。これは怖すぎます。

見慣れているせいなのか、目の前にある恐怖のアトラクションに、なんの恐怖も感じていない、コペンハーゲンの人々。では、見ているだけで足がすくむ、恐怖の『パーテルノステル』。心してご覧下さい!

出典 YouTube

↓コチラはイギリス、シェフィールド大学構内にあるパーテルノステル。是非、一緒にご覧下さい!

出典 YouTube

コエェェ(゚Д゚)ェェェエエエ!!!

エレベーター内の構造が数珠”に似ていることから『パーテルノステル』と名付けられたこのエレベーター。現在は、安全上の理由から、減少傾向にあるとのことですが、歴史あるエレベーターとは言え、さすがにこれは怖すぎますよね。

安全上の対策はどうなっているのか…とても気になりますが、ヨーロッパでは、現在も現役で活躍しているパーテルノステルが多数あるとのことなので、もしヨーロッパに行く機会がある方は、是非、恐怖の『パーテルノステル』。チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス