うちの旦那さんは子どもの世話や家事もよくやってくれますが、母乳だったこともあり結婚式等やむを得ない時以外は長時間子どもを任せることは滅多にありませんでした。

しかし末っ子の授乳も終わり、上の子達もある程度のことは自分達でできるようになった最近は休日旦那さんに子どもを少し任せて1人美容室に行ったり、友達とお茶をする時間も作ることができるようになりました。

ところが、帰宅すると「どうしてこうなったの?」と思う事態がよく勃発しているんです。。

どうしてその服を選んだの?

外出先から戻ると、さっきまで着ていた服ではない服を着ていたりします。「こぼして汚れたから着替えた」のは良いんだけど、その服もうパツパツだから着せてなかったんだよ…という服だったり、寒い冬なのに何故か半袖に着替えていたり、下着を服の上から着ていたり、上下ちぐはぐな服だったり。。とにかく唖然とします。

アレルギーがあったらどうするの!

長男がまだ離乳食を始めて間もない頃、昼食をお願いし少しだけ家をあけたことがありました。長男用に離乳食を作り冷蔵庫に入れて出掛けたのに、外出中の私に届いた旦那さんからのメール「離乳食はあまり食べなかったけど俺が食べてた卵かけ御飯はすごく食べたよ!ピース」青ざめるくらいの勢いで電話して子どもの様子を聞きました。

アレルギーはなかったようで特に異常はなかったのですが、長男の卵デビューはまさかの生卵となりました。ちなみに長女は卵アレルギーがあるので、これが長女だったらどうなっていたかと怖くなります。旦那さんは知らなかったと大変反省していました。

パジャマは??

夕方に家をあけたときのこと。帰宅するとお風呂上がりの子ども達が駆け寄ってきましたが「あれ?なんでお洋服着てるの?パジャマは?」と尋ねた私。「パパがパジャマないって!」という子ども達。どうやら用意しておいたパジャマに気付かずタンスから適当に引きずり出したらしく。。笑 

「ごめんね」と謝った私に旦那さんはこう言いました。「いや、俺はお風呂だけは毎日入れてるという自信みたいなものがあったけど、いつも◯◯(私の名前)がタオルやパジャマを用意して着替えもさせてくれてたんだよね。全部自分でやったらバタバタでうまくいかなかった」と。

そうなのよ!やっと分かった?とは言わず(笑)「そんな風に思ってくれてありがとう、いつもお風呂に入れてくれて本当に助かってるよ」と伝えました。

自分でできるから!

トイレに行くのも、お着替えも、おもちゃのお片付けも、ごはんの「あつまれあつまれ」も普段は自分でできるのに全部パパにお願いしてやってもらっていた子どもたち。パパの方も「えっ!普段は自分でできるの!?」と驚いていました。パパだと甘える…あるあるですね。

でも普段は私が手伝ってあげているようなことを旦那さんは「自分でやりなさい!」という事もあるようで…。

どうしたらこんなに散らかるの?

キレイにして出たはずの部屋がめちゃくちゃになっていることもよくあります。ママの留守に限って普段は押し入れにしまってあるおもちゃをパパに出してもらったり、いつもは出したおもちゃを遊びながら私が少しずつしまったり「これを片付けてから次の出してね」等の声かけをしますが、そういったものもないようです。

さらに新聞紙を丸めて剣にする、ちらしをビリビリに破ってばら撒く等子どもにとっては楽しくて仕方ないような遊びの提案をして一緒に遊んでくれるパパ。帰るときはドキドキしながら部屋の扉を開ける私です。笑

子どもたちは。。

預ける私は外出中も「大丈夫かな?」と心配が絶えないのですが、当のパパや子どもは意外とへっちゃらだったりします。そしてここぞとばかりにいつもはママに聞いてもらえない要求をパパに通してもらっていたりします。そんな時間は子どもにとっても私にとってもありがたいんですよね。

ただ、パジャマや食器や生活に必要な物の場所、気をつけてほしいこと等は5歳の長男にお願いしていくほうが確実なことが分かった今日この頃です。笑

この記事を書いたユーザー

ひぃ このユーザーの他の記事を見る

5歳(男)、4歳(女)、1歳(男)の3人の子ども達の育児に奮闘中の主婦です!
母になって、日々思うこと、感じることを書き綴っていけたらいいなぁと思っています♡

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス