情報番組の「ノンストップ」でカヌレ専門店「ル・カナール」が紹介され話題になっています。いったいルカナールとはどのようなお店なのでしょうか?またカヌレとはどのようなものなのでしょうか?詳細をまとめました。

ル・カナールとは

ル・カナールは東京都調布市にあるカヌレの専門店です。ノンストップなどの番組で紹介され話題になっているお店です。

【住所】
〒182-0012 東京都調布市深大寺東町4丁目17-15
*野ヶ谷バス停(吉祥寺駅発のバスが停車)前、野ヶ谷団地交差点すぐ
【電話】 
080-6673-5721

出典 http://le-canard.biz

お休みについて

【オープン日・時間】
金曜日&土曜日 10:30~18:00 (10:30 、15:30 の二部制 、各回とも売切れ次第閉店) 
日曜日~木曜日 完全予約制にて店頭お受渡しのご予約を承りす            
休日 : 日曜~木曜の間で週1回程度の不定休

出典 http://le-canard.biz

基本として金曜日と土曜日に2回の数量限定で販売しているようです。その他の日は電話などで問合せ完全予約で作ってくれるようです。

カヌレとは

カヌレはフランスの洋菓子。正式名はカヌレ・ド・ボルドー。
フランスのボルドー女子修道院で古くから作られていた菓子。蜜蝋(みつろう)を入れることと、カヌレ型と呼ばれる小さな型で焼くことが特徴である。そもそもカヌレとは、「溝のついた」という意味である。外側は黒めの焼き色が付いており固く香ばしいが、内側はしっとりとして柔らかい食感を持つ。

出典 https://ja.wikipedia.org

カヌレとはフランスで昔から作られている伝統菓子です。カヌレ型と呼ばれる小さな型を使って焼くことが特徴の様です。

カヌレの作り方

《材料》
牛乳170g
バニラエッセンス又はバニラ
グラニュー糖80〜85g
薄力粉30g
コーンスターチ又は片栗粉13g
バター5〜10g
ラム酒 大さじ1
卵黄1個
《作り方》
1.牛乳にバニラを入れて60℃に温める。小鍋で周りがふつふつするくらい。
2.グラニュー糖に一緒にふるった小麦粉とコーンスターチを混ぜ、卵黄をといたもの、溶かしバター、ラム酒を混ぜる。
3.さやを取り除いた牛乳を一気に加え、よく混ぜる。
4.冷蔵庫で12時間寝かせる。
5.その後、下の沈殿を混ぜ合わせながら溶かし、バターをよく塗った型に、8〜9分目まで注ぐ。
6.230度で20分。180度に下げて40分。

出典 https://ja.wikipedia.org

カヌレ型に蜜蝋を塗るのがカヌレの特徴ですが、バターを塗って作っても美味しく作れるようです。

ル・カナールのカヌレの種類

バニラ

カヌレのスタンダードな味のバニラカスタード味です。

ショコラ

カヌレのショコラ味は、カカオの後味が濃い感じに作られています。

抹茶

カヌレの抹茶味はほんのりほろ苦い抹茶の香りがするきれいな深緑色が特徴です。

アールグレイ

カヌレのアールグレイ味はベルガモットの薫る、アールグレイミルクティー味です。

ネット予約が可能です。

ル・カナールではオンライン注文&販売を行っています。予約して店頭に鳥に行ってもいいし、クール冷凍便で送ってもらうことも可能です。

ル・カナールの反応

カヌレの小さくてかわいい姿に惹かれる女性がとても多いようです。可愛いのでちょっとした手土産にしても喜ばれること間違いなしでしょう。しかし、話題のお店で週に2日しかオープンしていないのでとても混雑しているようです。できれば店頭で購入したいですが、混雑するのは好きではない人にはネット通販で購入することをおすすめします。

この記事を書いたユーザー

ぴか このユーザーの他の記事を見る

静岡生まれ、大学は北海道、その反動で定職にもつかず卒業後は沖縄にて、半年ほどチャリダーをして島々をまわり、東京でお金をためてインドで3ヶ月バックパッカーに、日本に戻ってからは大阪で生活していたが結婚を期に実家の静岡で農業をやるも、考える所があり現在は再び沖縄で生活中の2児の父親です。

得意ジャンル
  • ゲーム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス