記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
「蕁麻疹(じんましん)」とは、どのような状態のことをいうのでしょうか。
これは皮膚に突然出現する、境目が明確な円形や楕円形で、わずかに膨隆したものです。発赤と激しい痒みをともなうことがあります。盛り上がった皮疹(以降、膨疹)は、皮膚の真皮の上の部分が浮腫むことで起こります。全身どこにでも発生する可能性はありますが、摩擦や圧迫されやすい部位に生じる傾向があります。
今回はこの蕁麻疹の種類や特徴について、医師に伺いました。

慢性蕁麻疹と急性蕁麻疹について

蕁麻疹は発症する原因や経過などから、さまざまな名称がつけられています。その原因は特定できないことが多いため、ほとんどは「慢性蕁麻疹」「急性蕁麻疹」に分類されます。

慢性蕁麻疹とは、蕁麻疹の症状が6週間持続しているものをさし、原因が特定できないことが多いものです。一方、急性蕁麻疹とは、症状が6週間以内に終息する蕁麻疹をさします。細菌やウィルス感染などが原因のものが多いといわれています。

急性、慢性の分類の他にも、さまざまな種類の蕁麻疹があります。

接触することで発症する「接触蕁麻疹」

何かに接触した際に出現する発疹です。皮膚や粘膜から接触した物質が浸透して起こるもので、アレルギー性接触蕁麻疹非アレルギー性接触蕁麻疹に分類されます。

アレルギー性蕁麻疹:食べ物や薬剤、虫などに含まれる特定の物質により起こる。アレルゲンに結合する、IGEという結成淡白が関与しているもの

非アレルギー性蕁麻疹:アスピリンなどの非ステロイド系の薬剤、造影剤や色素などにより起こる蕁麻疹で、IGEが関与しないもの

物理的な刺激で発症する「物理性蕁麻疹」

物理的な刺激が加わることで生じる皮疹です。30分から1時間という短時間で消失します。代表的な蕁麻疹は以下の3つです。

人工蕁麻疹:皮膚を機械的にこすった後に生じ、こすった通りに皮膚に赤みがでる
日光蕁麻疹:日光の刺激によって生じるもの
寒冷蕁麻疹:冷水や寒風などの寒冷刺激により生じるもの

その他の蕁麻疹について

その他、以下の2つの重要な蕁麻疹があります。

【コリン性蕁麻疹】
入浴や運動などで体温が上昇し、発汗を伴う際に出現するもの。発疹の大きさが4ミリ程度と小さく、小児に多いといわれています。
【血管性の浮腫】
唇や瞼などが突然腫れあがり、2~3日で消失します。痒みはともないません。

治療方法は?

原因が明らかに分かっている場合には、その原因物質を除去します。それでも改善しない場合は、による治療を行います。蕁麻疹には種類がありますが、そのほとんどはマスト細胞から遊離されたヒスタミンが血管および神経に働くことで症状が現れます。ヒスタミンの作用を抑えるために、抗ヒスタミン薬または抗ヒスタミン作用のある抗アレルギー薬が用いられます。その他、症状に応じて漢方などが補助的に用いられることもあります。

生活上の注意点としては、蕁麻疹の増悪因子となりやすい疲労やストレスをできるだけ溜めないようにしたり、できるだけ新鮮な魚介類や肉類をとるようにすること、また防腐剤や色素を含む食品を控えめにするなどが挙げられます。

蕁麻疹は完治するの?

原因のはっきりしない慢性蕁麻疹の場合は、自分自身では症状の出現を避けることができず、個人差はありますが、数年にわたり蕁麻疹を繰り返すことがあるでしょう。
ほとんどの場合、薬を飲んでいれば症状はおさまりますが、止めればまた元通りの症状が出るようになってしまうことがあります。そのため慢性に経過する蕁麻疹の多くは、症状の有無に関わらず、長期にわたり薬を飲み続ける必要があります。うまく症状をコントロールしていくと、ほとんどの場合は少しずつ薬の量を減らすことができ、やがては薬を中止できるようになります。

≪自分には関係ないって思ってない?実は多くの人が感染しています≫
1分で簡単チェック【水虫度】を診断してみる

【医師からのアドバイス】

蕁麻疹は症状が一過性であることが多く、原因が特定できない場合もあります。慢性的な蕁麻疹には、特定するための検査などがともないますが、それぞれにゆっくりと対処していく必要があるでしょう。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス